チヌ釣り初心者が初めて紀州釣りを始めるときに必要な道具

Pocket
LINEで送る

はじめに

紀州釣りを始める時に、そろえるべき釣り道具は何か?

紀州釣り初心者の方にとって、最低限そろえるべき釣り道具をまとめました。

海釣りに共通している道具、紀州釣り独自に必要な道具がありますので、紀州釣りをこれから始める際に、参考になればと思います。

紀州釣りに必要な道具

竿

紀州釣りに使用する竿は、チヌ竿になります。

基本的には0.6号あるいは1号のチヌ釣竿であればハズレはないです。

ちなみに、私が愛用してる竿は、がまかつのチヌ競技スペシャル III 0.6号-5.0です。

リール

リールはスピニングリールを使用します。

型番は2000番あるいは2500番がオススメ。

大きなチヌがかかった時のために、レバーブレーキがついたスピニングリールがあればベストですが、レバーブレーキがなくてもドラグの調整をしておけば大丈夫です。

ここ最近、私が使用しているリールは、ダイワのインパルト 競技LBDです。

バッカン

団子材料を入れる容器がバッカンです。

団子の材料を混ぜることができれば、なんでも良いのですが、紀州釣り専用に作り込まれたバッカンは使いやすいです。

その他、フカセ釣り用のバッカンも流用できますし、大きなバケツやコンテナボックスでも代用できます。

私が使用しているバッカンはこちらの記事で紹介しています。

ワイドパワーバッカン紀州釣りにオススメ!団子用バッカン「ワイドパワーバッカン」を買ってみた
はじめに 釣り歴で4つ目のバッカンを購入しました。 今回、紀州釣り(団子釣り)用としては初めて四角型を購入したので、購入の経緯...

クーラーボックス

紀州釣りの場合、釣った魚を入れておくというよりも、オキアミなどのエサの鮮度を保つために、クーラボックスを使います。

長時間の釣りになりますので、エサの劣化は釣果に直結してきますので、できるだけエサを新鮮に保つために、クーラボックを用意してください。

もちろん、釣ったチヌを持ち帰る時にも使用します。

竿受け

紀州釣りは同じ場所で長時間行う釣りなので、竿受けがあれば、腕の疲労を和らげます。

また、地面に直接、竿を置くと、竿やリールを傷つけてしまいますので、道具の保護という意味でも竿受けは準備してくださいね。

折りたたみ椅子

長時間同じ場所で釣るスタイルの紀州釣りで、快適に楽しむには折りたたみ椅子も必須アイテムです。

団子を握る際も、椅子に座った方が握りやすいです。

私が使用している折りたたみ椅子はこちらで紹介しています。

Colemanツーウェイキャプテンチェアは紀州釣りに適した折りたたみ椅子です!
はじめに 紀州釣りに向いている折りたたみ椅子はどのようなものが向いているのか? ちょうど、折りたたみ椅子(イス)を買い替えいる...

タモ

チヌ釣りに使用するチヌ竿は非常に柔らかいので、30センチ以上のチヌをタモ無しで引き上げることはほぼ不可能です。

無理に引き上げようとすると、竿が折れますので、紀州釣りを始める際は、安くていいので必ずタモを準備しましょう。

水汲みバケツ

手を洗ったり、釣った魚を入れておくために、水くみバケツは釣りの必須アイテムですが、紀州釣りの場合は、団子の材料に使用する海水の確保に使用しますので、忘れずに持っていきましょう。

仕掛け

仕掛けは状況に応じて様々なバリエーションがありますが、以下の基本的な仕掛けであれば、紀州釣りを始めることができます。

  • 道糸:ナイロン2号のサスペンド
  • ウキ止め:止め糸タイプ
  • しもり玉
  • ウキ:寝ウキ
  • からまん棒
  • サルカン
  • ハリス:1.2号
  • チヌ針:2号

スカリ(ビク)

スカリはビクともいって、釣ったチヌを海につけて活かしておく網のことです。

釣ったチヌを生かしておくのに必要です。

私が使用しているスカリはこちらで紹介しています。

スカリ派ですか?ストリンガー派ですか?
私はスカリもストリンガーも使用します。 釣れた小チヌやキビレはスカリ(ビク)へポイポイ入れ、30センチ以上のおチヌ様は基本的にス...

ストリンガー

こちらも釣ったチヌを海につけて生かしておくもので、チヌの口にフックをかけて、ロープでつないでおくものです。

ストリンガーの使い方はこちらで紹介しています。

釣った燻銀チヌを泳がすのはストリンガー!釣り人が知っておくべき使い方
はじめに 釣ったチヌを帰るまで生かしておくのにストリンガーとスカリ(ビク)、どちらを使用していますか? 私は両方を場所によって...

まとめ

紀州釣りをはじめるにあたり、必要な道具をまとめました。

ここに示した道具以外に、団子を投げるための杓、糸巻き器や針はずしなど、紀州釣りにあったら便利なものはたくさんあります。

まずは始めてみて、必要と感じたものを買い足していくのも釣りの楽しみですね。

まずは、ここに示した道具をそろえて、紀州釣りをはじめてみてください。

実際に私が使用している釣り道具については、毎回の釣行記の後半に紹介していますので、参考になればと思います。

そろえるべき道具がわかれば、団子材料を入手して釣り場へ行くことになります。

団子材料については、こちらの記事で紹介しています。

紀州釣り団子失敗しない!初めての紀州釣り団子の作り方
1. はじめに 紀州釣り(団子釣り)を初めてもうすぐ約5年が経とうとしています。 一時期、週1回は団子を投げていましたが、最近は...

その他の紀州釣りの解説記事も参考にしてください。

【初心者向け】紀州釣りで初めてチヌ(黒鯛)を釣るためにまず知っておくべきこと「3つ」
はじめに 初心者が紀州釣りを始めたい時にまずなにを準備するべきか? この疑問にフォーカスを当てて解説します。 これまで月2〜3回...
小ボケの画像紀州釣りの刺しエサについてのまとめ
はじめに エサの種類が多いのも紀州釣りの楽しみの一つ。 種類が多い分、ローテーション、季節による使い分けが必要となります。 経...
紀州釣りのチヌ【基本】黒鯛(チヌ)の紀州釣りとは?仕掛け、団子、エサ、タナ合わせのおさらい。
紀州釣りとは? 紀州釣りは紀州(和歌山県)で古くからおこなわれている黒鯛(チヌ)を狙った釣りです。 ウキダンゴ釣りとも言われ、...

友だち追加

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

フォローする