【秋爆】釣り人にとって待望の秋の爆食いがやってくる!準備はできていますか?




Pocket
LINEで送る

チヌ釣りで爆釣する季節っていつかご存知ですか?

一般的に言われているのが、「春のノッコミ」、「秋の爆食い」です。

春のノッコミは、産卵前にチヌが深場から浅場へ近寄り、

産卵に備えて荒食いするために爆発的に釣れる事。

特にデカチヌがよく釣れます。

秋の爆食いは、冬を前にしたチヌが荒食いをすることで爆発的に釣れること。

この秋の爆食いを「秋爆」って言い方をします。

大小ともに釣れる時期ですね。

同じような表現で、「梅雨爆」ってのもあります。

これは、梅雨の雨が降った後の濁りで、チヌが活性化して爆発的に釣れることをさします。

秋めいてきた今からの時期は、冬を前にしたチヌが爆食いをする秋爆がやってきます。

チヌ師なら一度は経験したい秋爆。

一度経験すると病みつきになる秋爆。

私の経験から、淡路島では例年、9月下旬から10月に秋爆がきます。

関連記事

2018年の秋爆

2017年の秋爆

2016年の秋爆

ただ、秋の紀州釣りは、秋爆を狙える一方で、風に悩まされる時期でもあります。

北風が吹き始めるこの季節、風に影響を受けやすい紀州釣りは事前の対策が必要です。

風対策について記事でまとめているので参考にしてください。

秋風に耐えながら釣りしてたら、1日に3本もチヌ竿を折ってしまったという苦い経験もありますので、秋の強風にはお気を付けを。

関連記事

また、秋は朝晩の気温が下がるので、防寒対策もお忘れなく。

個人的には、モンベルのストームクルーザーがオススメです。

今年最後の爆釣の季節がやってきます。

備えを万全にして臨みましょう!

関連記事

紀州釣りの釣行記一覧はこちらからどうぞ。

釣行記一覧

Pocket
LINEで送る

フォローする