「YIELDWATCH」(イールドウォッチ)のPro版にアップグレードする方法を解説




Pocket
LINEで送る

「YIELDWATCH」(イールドウォッチ)のPro版が本格稼働しましたね。

今まではPro版の機能が無料で使えていたんですが、有料になってしまいました。

有料化のアナウンスはこちらのサイトで出ています(英語)。

ざっくり、プロ版で表示するには資産額に応じたWatchトークンが必要になります。

Pro版になるために必要なWatchはウォレットのアドレスを入力してアクセスすると確認できます。

ただ、Pro版になるために必要なWatchについては、保有しているだけでよく、運営側に払うわけではないので、資産としては無くなることはありません。

必要なWatch額を確認する際の注意点としては、「YIELDWATCH」で確認したいプラットフォームすべてを選んでおく必要があります。

たまにvenusが確認対象から外れるので注意が必要です。

こちらはPro版になった後に出てくる表示です。

「Watch Value」が課金できているWatch額で、「Monitor Value」が課金したWatch額でPro版が利用できる資産額を示しています。

課金の基準となる資産は「NET WORTH」ですね。

275ドル分の課金で55,000ドルがモニター可能なので、

1ドルで200ドルの資産がモニター可能(資産1ドルをモニターするのに0.005ドル必要)という計算になりますね。

Pro版になるために必要なWatchは、ウォレットに入っているWatch以外に以下の資産がPro対象として加算されるようです。

  • ウォレットのLPトークン
  • PancakeSwapファーミングプールのLPトークン
  • beefy.financeLP-VaultのLPトークン

私はWatchを持っていなかったのでPancakeSwapで購入しました。

Pro版になるのに必要なWatchの準備ができたらWatchが入っているウォレットの接続を行なって、Pro版の認証を受けます。

手順は「YIELDWATCH」の初期画面の「Login PRO」から行います。

MetaMaskが接続確認を行いますので、「次へ」をクリック。

次に「接続」をクリック。

「YIELDWATCH」の初期画面で接続したウォレットが表示されますので、次に評価したいウォレットを検索窓に入力して検索を実行します。

資産の評価結果の画面で「Pro access enabled」が表示されていたらPro版に認証されています。

ちなみに、「Watch Value」付近にポインタを持っていくと、以下の表示が出てきてWatchの課金状況が表示されます。

「YIELDWATCH」は複数のプラットフォームの運用状況が一目でわかる非常に便利なツールです。

Pro版だと、IL(インパーマネントロス)、トレーディング利益、LP利益などを計算してくれたり、円表示できたりと運用に必要な環境を提供してくれます。

Pro版になるのに必要なWatch自体もウォレットに保有しておくだけでよいので、Pro版にアップグレードすることをオススメです。

ちなみに、Watchの価格推移を見ていると、最近ちょと上がっているので、Pro版を考えているなら早めの方が良さそうです。

関連記事

オススメ記事

Pocket
LINEで送る

フォローする