【DeFi】ACoconutのACトークンを運用する方法3つを紹介




Pocket
LINEで送る

はじめに

先日紹介したACoconutでvBTC+をstakeしてもらえる報酬のACトークンを運用する方法の紹介です。

これからACoconutでビットコインの運用を始めるのに参考になればと思います。

ACの使い道は現時点で3つあります。

  • ACoconutでACをロックしてAPYをブーストする
  • FinNexusでプールして報酬を稼ぐ
  • DODOでACとBUSDペアの流動性を提供する

なお、BTCを実際にACoconutで運用を始める手順はこちらの記事で紹介していますので参考にしてください。

ACoconutでACをロックしてAPYをブーストする

ACoconutの報酬としてもらえるACトークンはAPYのブーストに使うことができます。

ブーストは最大で2.49倍。

ブーストでロックされるACは期間が過ぎるまで戻すことはでき無くなるので、必要以上のACをロックする必要はないです。

ACのロックでブーストした利回りはこのブログを書いている時点で47.26%になっています。

ACをFinNexusでプールして報酬を稼ぐ

ACはFineNexusで単独のPoolに入れると、cFNXがもらえます。

この利回りがこのブログ記事を各時点で利回り20%を超えています。

BTCをACoconutで50%くらいで運用できるのに加えて、報酬としてゲットしたACを20%で運用するスキームですね。

cFNXはFNXと1:1で交換ができて、FNXの値動きはこんな感じです。

ただ、cFNXは請求してから1/6ずつを6ヶ月かけて毎月請求して交換することになるようです。

報酬をすぐに利確したいとかだとじれったいですね。

売り圧の抑制にはなるんだと思いますが微妙な感じです。

DODOでACとBUSDペアの流動性を提供する

ACは流動性供給に使えます。

今対応しているのは、DODOでAC-BUSDペアです。

手順としては、DODOでAC-BUSDペアで流動性供給して受け取ったLPトークンをACoconutでDepositする流れです。

年利100%超えてますね。

PancakeSwapではAC-BNBペアの流動性も予定されているみたなので検討の余地ありです。

最後に

この記事では運用してもらうことができるACトークンの運用方法を紹介しました。

ACoconutはBTCの運用先としてはめちゃ優秀です。

これからもACの有用な運用方法が出てきたら紹介していきたいと思います。

関連記事

オススメ記事

Pocket
LINEで送る

フォローする