【DeFi】ACoconutを使ってビットコインを高利回りで運用する方法を解説($ACをロックして利回りをブーストせよ!)




Pocket
LINEで送る

はじめに

保有しているビットコイン(BTC)は運用していますか?

BTCをACoconutにあずけると高利回りで運用ができますよ。

ACoconutはNUTS Finance が提供しているBTCに特化したDeFiサービスで、BTCでイールドファーミングができます。

このサービスがBSC(バイナンススマートチェーン)で始まったのでさっそく使ってみました。

紹介するのは「BTC+」というプロダクトです。

vBTC+はBTCBを使って発行ができる他に、Venus、Fortube、ACRyptos、AutoFarmのBTCBのポジションでもvBTC+を発行できます。

発行して得られるvBTC+トークンの利回りがいいですね。

このブログを書いている時点で12%超えています。

さらに、vBTC+をstakeすることで得られるACトークンを合わせた利回りは40%。

ACトークンをロックすると期間に応じてACの付与率も上がる仕組みになっています。

供給するBTCBの量にもよるみたいですが、私の場合はブログ記事の作成時点で4年のロック期間で年利61%です。

ウォレットに入っているBTCの運用先を探しているならACoconutがオススメです。

BTCをAcoconutで運用する方法をまとめましたので、参考になればと思います。

なお、ACococnutで運用を始めるに必要なのは以下の通りです。

  • 運用資金としてのBTC
  • BINANCE(バイナンス)の口座
  • MetaMaskウォレット

運用資金のBTCは国内取引所で入手して、BINANCEの口座に送金することになります。

国内取引所からBINANCEへの送金の方法はこちらの記事を参考にしてください。

MetaMask(メタマスク )のインストールやBINANCEからMetaMaskへBTCを送金する方法はこちらの記事を参考にしてくださいね。

ACoconutでvBTC+をMintする方法

MetaMaskをインストールしてウォレットを設定できたら、ACoconutとウォレットを接続します。

接続はサイトの右上の「connect」をクリック。

MetaMaskが確認を求めてくるので、「次へ」をクリック。

続いて「確認」をクリック。

ウォレットが接続されると下のように表示されます。

次にACoconutでビットコインを運用するためにMetaMaskのアドレスにBTCBを入れましょう。

BTCBはBINANCEからBSCでBTCを送金するだけですので、以下の送金設定を参考にしてください。

次に、ACoconutのメニューの「BTC+」で、「Mint」の「Single」を選択しで、vBTC+のBTCBをクリック。

MintするBTCBの数量を入力して、「Approve」をクリック。

MetaMaskが確認を求めてくるので、「確認」をクリック(初回のみです)。

次に、「Mint」をクリック。

またMetaMaskが確認を求めてくるので、「確認」をクリック。

Mintした数量がBalanceに入ったことを確認してください。

ACoconutでvBTC+をstakeする

次に、メニューの「Earn」を選択します。

vBTC+の「Deposit」をクリック。

ポップアップ画面で「Approve」をクリック。

MetaMaskが確認を求めてくるので、「確認」をクリック(初回だけです)。

続いて「Deposit」をクリック。

またMetaMaskが確認を求めてくるので、「確認」をクリック。

Your StakedにStakesしたvBTC+が入っていることを確認してください。

利回りは35.44%になっていました。

ACoconutでACをLockして利回りをブーストする

で、ここからがACoconutのミソなんです。

vBTC+をStakeしたときの利回りをACトークンをStakeすることでブースト(Boost)することができるんです。

ブーストするには、メニューの「Locker」から始めます。

まず、「Boost Your Earnings」で現在の利回りとブーストしたときの最大利回りを確認します。

この時はBoostが1、Base APYが21.4%、Max Boost Posibleが2.49xで、Min vACが7.12056810と出ていました。

これはAPYを2.49倍にブーストするためには、vACが7.12056810必要という意味です。

ちなみみに、Base APYはStakeしている金額によって変わるようです。

また、ブーストできるのは最大2.49倍で、ACの報酬部分になります。

で、vACはACトークンをLockして入手することになります。

ACトークンはACoconut内では入手できないので、DODOで購入するのが早いです。

ACoconutのメニューにもリンクがあります。

DODOに行ったら、「Exchange」でBUSDやUSDTなどなんでも使っていいのでACを入手します。

この時はUSDTをACに交換しました。

次に、ACoconutに戻って、最大利回りを得るために必要なACの量を改めて確認します。

まず、「Choose Lock Time」でロックする期間を選びます。

BTCはガチホ前提なので、4 Yearsを選択。

(ACoconutが逝ってしまったらおしまいですけどね)

次に、「Calculate」をクリックして、必要なMin vACを確認します。

MetaMaskが確認を求めてくるので「確認」をクリック。

この時のMin ACは7.12360760でしたので、「Enter AC amount to Lock」に7.20と入力して必要数以上をLockすることにしました。

「Lock」をクリックします。

MetaMaskが確認を求めてくるので「確認」をクリック。

最後に、「Activate」をクリックしておきます。

Lockerで利回りをブースト(2.48倍)することで、APYは48.85%にアップしました。

BTCBを預けるだけでAYPが40%超えるなんて、すごいっす。

ちなみに、最大倍率を得るためのAC必要ロック数は増えるので少しACは余裕を持って買っておいたほうが良さそうです。

まとめ

ACoconutで運用を始める時の注意点としては、ブーストでロックされるACは期間が過ぎるまで戻すことはできなくなることですね。

なので必要以上のACをロックする必要はないです。

なおvBTC+はいつでもwithdraw可能です。

あと、vBTC+はvBTCでもMintできますが、Venusのポジションに影響するので注意が必要です。

報酬としてもらえるACの価格は最高値を更新していますね。

銘柄としてもポテンシャルを感じる魅力があります。

またACはロックして利回りをブーストするために使う他に、Optionsで単独で供給してマイニングするという使い道もあります。

私はまだやっていないですが利回りは50%を超えていますね。

ACの運用方法は別の記事にまとめましたので参考にしてください。

なお、ACoconutのacsBTCB+も同じように運用できて、利回りはvBTC+より少しいいです。

vBTC+と同じようにやればできるので試してみてくださいね。

注意点としては、vBTC+はvBTC+に戻す時に手数料なしですが、acsBTCB+はBTCBに戻す時に0.5%分のBTCBが手数料として徴収されます。

BTCの運用先としてACoconutはかなり優れていますね。

単純にインパーマネントロス(IL)なし、BTC単独で運用できる点に魅力と可能性を秘めている感じ。

私はBTCはガチホを決めているので、BTCを徐々にACoconutに移していく予定です。

ACoconutでBTCを運用するためにはBINANCEからBTCをBSCでウォレットに送る必要があるので、BINANCEの口座が必要になります。

まだ口座を持っていない場合はこちらから作ってくださいね。

BINANCE(バイナンス)の口座を開設する(無料)

関連記事

オススメ記事

Pocket
LINEで送る

フォローする

コメント

  1. アカ より:

    有益な情報ありがとうございます。
    参考にしてビットコインを預け入れることができました。
    教えていただきたいのですが、VUNSにパンケーキで使うため、ビットコインを担保にいれています。{vBTC+はvBTCでもMintできますが、Venusのポジションに影響するので注意}
    とありますが具体的にどんなリスクがあるのでしょうか
    リスク招致でvBTC預入も考えています。

    • earlgrey より:

      vBTCはBTCを担保にした証なので、それを ACoconutにいれると、venusの担保率が下がりますよ。
      venusのリスク管理がしにくいので私はやってません。
      やるならvenusのsupplyを減らしてから、その分のBTCBとして入れた方が良いかも。

      • earlgrey より:

        venusの担保率が60%切ると強制的に精算されるので、vBTCを貸す場合は担保資産が減るので注意ください。