【Dfinity】ICPSwapの「Swap & Liquidity」を触ってみた記録




Pocket
LINEで送る

はじめに

DfinityのICPSwapのテスト版でスワップ機能が実装されたました!

スワップ以外にも流動性提供も可能です。

実際に試すことができるので、さっそくやってみましたよ。

やり方は他のチェーンとほとんど同じです。

お触りしたら何かいいことあるかもしれないので、スワップと流動性提供を試してみました。

テストトークンをもらって操作するだけなので、ガス代不要です。

一連の流れをまとめたので、ICPでこれから始まるDeFiに興味がある人の参考になればと思います。

ICPSwapでテスト用トークンを受け取る

ICPSwapのサイトにアクセスして「Beta 2.0」をクリック。

ちなみに、ICPSwapでお試しするには、あらかじめWalletの作成が必要なので、作成しておいてくださいね。

ICPSwapプラットフォームにアクセスできたら、右上の「Test Faucet」をクリックしてテストトークンを受け取りましょう。

受け取れるトークンは合計5つです。

それぞれの「Claim」ボタンを押して受け取ってください。

受け取ったトークンはWalletで確認できます。

ただ、そのままでは表示されないので、ウォレットに表示できるようにします。

まず左メニューの「Wallet」をクリックして、「Add Token」をクリック。

検索窓に先ほどClaimしたトークンの名前入れて表示できたら、「+ Add」をクリックします。

この画面はLIONを追加した時のものです。

その他のトークンも同様に追加して表示させましょう。

それぞれ1,000,000が付与されていることがわかります。

ICPSwapでSwapを試す

受け取ったトークンを使ってスワップ機能を試しました。

やり方は左メニューの「Swap & Liquidity」から始めます。

「Swap」を選択しておきます。

次にFromとToの「Select a token」をそれぞれ選びます。

ここで、付与されたトークンはそのままでは表示されないので、「Manage Token List」をクリックして表示させます。

検索窓にトークンの名前を入れて、表示されたトークンの左にチェックを入れます。

同様に受け取ったトークン全てをToken Listに入れておきました。

試しにFromに「LINO」、Toに「USDIC」を入れて「Swap」してみました。

「Confirm Swap」をクリック。

ウォレットの承認を求められるので「Confirm」をクリック。

ウォレットで確認すると、ちゃんとスワップされていることがわかります。

 

ICPSwapで流動性提供を試す

次に、流動性の提供を試してみました。

やり方は、「Liquidity」から始めます。

「Add Liquidity」をクリック。

通貨ペアを選んで、供給する数量を入れたら、「Confirm」をクリック。

内容を確認して「Add」をクリック。

ウォレットの承認を求められるので「Confirm」をクリック。

これで流動性の提供が完了です。

最後に

ICPSwapでスワップと流動性の提供をテストしました。

やり方は他のチェーンとほとんど同じなので戸惑うことなく行えますね。

これからICPで始まるDeFiが楽しみです!

Dfinityの$ICPはBinanceで入手できますよ。

Binanceで$ICPを購入する

関連記事

オススメ記事

Pocket
LINEで送る

フォローする