【KAVA】$KAVAを購入してKeplrのウォレットアドレスに送金する方法




Pocket
LINEで送る

はじめに

KavaブロックチェーンのネイティブトークンKAVAを入手してKeplrのウォレットアドレスに送金する方法をまとめました。

Kavaはこれまで使ったことなかったのですが、少しずつ資金を投下していこうと思った次第です。

私が実践してみた内容をまとめたので、これからKavaブロックチェーンでDeFiしたい人の参考になればと思います。

この記事で紹介するKAVAの購入と送金方法は以下の通りです。

  • 国内取引所のGMOコインからBinanceに資金を送金してKAVAを購入
  • 購入したKAVAをKeplrのウォレットアドレスに送金

なお、KAVAでDeFiするにはKeplrウォレットが必要なので、先にインストールしておいてくださいね。

インストールの方法はこちらの記事で紹介しています。

GMOコインから資金をBinanceに送金する

まず、KAVAを購入するための資金をBinanceに送金します。

ここでは資金としてXRPを使用する方法をまとめました。

具体的にはGMOコインでXRPを購入して、Binanceに送金する手順になります。

GMOコイン以外でもXRPは購入できるので、各取引所の手順に従ってXRPを送金してください。

GMOコインのサイトでXRPを購入するには、取引所で現物取引を選択します。

(販売所は手数料高いので取引所がおすすめ)

購入する通貨に「リップル」を選択。

「指値」、「買」を選択して、取引数量と「指値」の注文レートを入力して「確認画面へ」をクリックして注文手続きを行います。

XRPが入手できたら、次は「入出金」の「暗号資産」を選択して「送金」タブを開きます。

あらかじめ登録している送金先のアドレスを選んで、送金するXRPの数量を入力して2段階認証して手続きを完了します。

今回はあらかじめ登録しておいたBinanceのXRPの受け取りアドレス送金しました。

XRPは送金後、すぐに着金しますよ。

続いてBinanceでKAVAを購入しましょう。

BinanceでKAVAを購入する

次に、Binanceの口座に着金したXRPでKAVAを購入する手順です。

手っ取り早いのはXRPからKAVAへのコンバートです。

ただ、コンバートは少し手数料が取られるので、私はトレードで手数料を節約しました。

やり方としてはXRPを一旦USDTに変えてから、KAVAを購入する2段階の手順を踏みました。

実際には、トレード画面で、XRP/USDTでXRPを全部売って、次にKAVA/USDTでKAVAを購入するといった流れです。

この時、あらかじめコンバートで入手できるKAVAを確認しておいたんですが、トレードで入手した方が少しだけKAVEの数量が多かったです。

トレードが面倒な場合や分かりにくい場合は、コンバートでXRPからKAVAに一気に交換してしまっても良いと思います。

BinanceからKAVAをKeplrのウォレットアドレスに送金する

入手したKAVAをKeplrのウォレットアドレスに送金する方法です。

ここで、あらかじめ送金先のKeplrのウォレットアドレスをコピーしておきましょう。

やり方は、KeplrのチェーンでKavaを選んだ状態で、表示されるアドレスをクリックしてコピーします。

次にBinanceのウォレットの「現物」の「出金」画面を開きます。

通貨に「KAVA」を選択し、アドレスに先ほどコピーしたアドレスを貼り付けます。

ネットワークは「KAVA」を選択、MEMOは空欄で大丈夫です。

金額に送金するKAVAの数量を入力して「出金」をクリックして手続きをす進めてください。

無事に送金できたらKeplrでKAVAが着金していることが確認できます。

最後に

この記事ではKAVAを入手してKeplrのウォレットアドレスに送金する方法をまとめました。

他の通貨と同様に国内取引所→海外取引所→ウォレットの流れは同じなので、すでにDeFi投資している人にとっては慣れた手順だと思います。

DeFiに慣れていない人にとっては、1つの操作にドキドキすると思います。

この記事の手順通りやれば問題なく手続きできるはずなので、焦らずゆっくり進めてくださいね。

KAVA購入のために資金を送金する国内取引所はGMOコインがオススメ。

出金手数料が無料なので、DeFiやる人でまだ口座を持っていないなら開設しておてくださいね。

口座開設の申込みから最短10分で取引開始できますよ。

GMOコインの口座を開設する

Binanceの口座をまだ持っていない人はこちらのリンクから開設できます。

→Binanceの口座を開設する

投資は自己責任で。

NFA

関連記事

オススメ記事

Pocket
LINEで送る

フォローする