【cross-chain】RenBridgeでBTCを国内取引所からPolgyonへ直接送金する方法




Pocket
LINEで送る

はじめに

RenBridgeを利用して国内取引所から直接PolygonへBTCを送金してWBTCを入手する方法をまとめました。

手順をまとめるとこんな感じ。

  1. 国内取引所からRenBridgeの指定アドレスへBTCを送金
  2. PolygonでrenBTCをWBTCにスワップする

これまでBTCのPolygonへの送金に使っていた以下の手順より格段に便利でしたよ。

  1. 国内取引所からBinanceやCoinlistへ送金
  2. BTCをWBTCにスワップ
  3. イーサリアムへ送金
  4. イーサリアムからPolygonBridgeでPolygonへ送金

送金する回数が多いのでミスするとお金がなくなる不安があるんですよね。

あとイーサリアムの送金を行うと手数料が高いのも気になっていたんです。

RenBridgeを利用すると国内取引所から、BTCを一気にPolygonへ送金できてBTCからWBTCを得るまでにかかる手数料が安くなります。

Polygonへ送ったBTCはrenBTCとして受け取ることになり、renBTCはPolygon上でWBTCにスワップできるので、結果として送金したBTCをWBTCとして入手できます。

renBTCはRenVMにより発行され、ビットコインと同じ価値を持つトークンで、ビットコイン価格と1:1となるように発行されています。

今回利用したRenBridgeはイーサリアム、Polygonの他に、BSC、Fantom、Solana、Avalancheなどにも対応しています。

BTC以外の通貨もブリッジ可能です。

BTCをPolygonへ送金してWBTCを入手する流れをまとめたので、これからRenBTCを利用してBTCを運用したい人の参考になればと思います。

RenBridgeでBTCをPolygonへ送金する

まず、RenBridgeにアクセスする前に、MetaMaskのネットワークをMatic Mainnetにしておきましょう。

RenBridgeへアクセスすると、以下のような表示が出るので、Sendに「BTC」を、Destinationに「Polygon」を選択し、「Connect Wallet」をクリック。

続いて「MetaMask Wallet」を選択。

「Continue with MetaMask」をクリック。

MetaMaskが接続の確認を求めてくるので、「次へ」をクリック。

続いて、「接続」をクリック。

これでRenBridgeにつながりました。

Sendに「BTC」を、Destinationに「Polygon」を選択していることを確認して、「Next」をクリック。

「Enter an amount」に送付したいBTCの数量を入力すると手数料を確認してくれます。

今回送付した時の手数料の合計は約3.5ドルでした。

確認したら、「View BTC Gateway Address」をクリック。

注意書きが表示されますので、確認したら「Continue」をクリックしてください。

内容としては、表示されるBTCのデポジットアドレスは35時間だけ有効で、それ以降は使わないこと、トランザクション完了まで60分かかることうことです。

表示されるアドレスをコピーして、取引所などからBTCを送金します。

入金が完了したら24時間以内にMintの操作が必要と出てきます。

これ重要です。

ただ、着金を確認しようしまっていましたが、ここで寝てしまいました。。。

Mintの手順は翌朝から再開。

RenBridgeの右上のアイコンをクリックします。

今回送金した内容の「Action required!」をクリック。

ポップアップが表示されるので「Mint renBTC」をクリック。

MetaMaskが確認を求めてくるので「確認」をクリック。

トランザクションが完了するとrenBTCがウォレットに着金します。

PolygonScanでも着金していることを確認できました。

初めてのRenBridgeの利用でドキドキしましたが、無事に着金です。

PolygonのrenBTCのコントラクトアドレスは以下なので、MetaMaskにトークンを追加する時に使用してください。

PolygonのrenBTC:0xdbf31df14b66535af65aac99c32e9ea844e14501

renBTCをWBTCにスワップする

次にPolygonに着金したrenBTCをWBTCにスワップしました。

renBTCのWBTCへのスワップはDODO、Curve、QuickSwapなどが対応しています。

今回はDODOを利用。

これで送金したBTCがWBTCになったので、ファーミングの農具にしたりLendで運用できますね。

ちなみに、CurveならrenBTCをそのままPoolに預けて運用することも可能です。

私はAAVEに預けてUSDCを借りて運用しています。

最後に

国内の取引所からRenBridgeを使ってPolygonにBTCを送金する方法をまとめました。

実際に0.02BTCを国内取引所から送金して、結果的にWBTCを0.019907BTC受け取ることができましたよ。

手数料としては大体500円弱です。

RenBridgeを利用すると操作手順が少なくなって、手数料はBinanceからイーサリアムを経由してPolygonBridgeを利用する方法よりも安くなりますね。

BTCをPolygonに送るなら、RenBridgeが便利なのでぜひ試してみてくださいね。

初めて送金する場合は少額でテスト送金することをオススメします。

投資は自己判断で

NFA

関連記事

オススメ記事

Pocket
LINEで送る

フォローする