日本版Coinbaseの口座をサクッと開設する方法を紹介




Pocket
LINEで送る

はじめに

世界最大級の暗号資産取引所であるCoinbaseが日本で取引所をローンチしましたね。

三菱UFJ銀行がパートナーになっているみたいです。

さっそく口座を作ってみましたので手順をまとめました。

Coinbaseは、各国でサービスを展開していて、100カ国以上で取引所を展開しています。

2021年4月にはナスダックにも上場して話題になりましたね。

口座を作って触ってみた感想として、これからビットコインを初めて買う人で、三菱UFJ銀行の口座を持っている人にオススメです。

口座画面はシンプルなので初心者でも使いやすいと感じました。

逆に、すでに仮想通貨取引をしている人や、三菱UFJ銀行の口座を持っていない人があえて口座開設する必要はないですね。

がっつり仮想通貨取引やりたいなら、bitFlyer、Coincheck、GMOコインなんかで取引した方が良いと思います。

といっても、世界水準のセキュリティや今後のサービスの充実に期待して口座を開設しておくのもいいかなと思います。

口座の開設や維持費は完全無料で、口座開設にかかる時間は30分くらいです。

これから仮想通貨の運用、ビットコインの購入を考えている人の参考になればと思います。

日本版Coinbaseの基本

海外では多くの通貨を取り扱っているCoinbaseですが、日本では規制の関係で取引できる通貨は少ないですね。

今のところ取り扱ってるのは、BTC、ETH、BCH、LTC、XLMの5つだけです。

1回の取引にかかる手数料はこんな感じです。

出金にも手数料がかかります。

他の取引所と比べて比較的安く抑えられていますね。

あと、出金口座に登録できるのは今のところ三菱UFJ銀行のみです。

なので、三菱UFJ銀行の口座を持っていない場合は、口座を作るか、別の取引所に仮想通貨を送付してから換金して自分の銀行口座に出金することになりますね。

定期購入に対応しているので、これからビットコインの積み立てを始めたい人にとっては選択肢になると思います。

アカウントの作成自体は簡単で、短時間で完了しました。

必要事項の入力は10分くらいで、本人確認のための画像アップロードまでで20分で完了です。

本人認証の審査も10分くらいだったので、実質的に30分で口座開設できてしまいましたよ。

口座開設に必要なのは、メールアドレス、スマホ、運転免許証です。

超簡単で、無料で口座開設できるので、サクッと口座開設しておいて損はないですね。

アカウント口座の作成

口座開設は、まずCoinbaseのトップページから「口座開設」をクリックしてから開始します。

 

氏名、メールアドレス、任意のパスワードを入力して、同意文書にチェックしたら「口座開設する」をクリック。

登録したメールに承認メールが送信されます。

届いたメール中の「メールアドレスの認証」をクリック。

ブラウザが立ち上がって、二段階認証の設定画面が開くので、スマホの電話番号を入力して「コードを送信する」をクリック。

スマホのメッセージに送られてきた認証コードを入力して「送信」をクリック。

続いて確認事項にチェックを入れて「送信」をクリック。

ここで本人確認のための情報を入力します。

氏名、誕生日、住所を入れたら「送信」をクリック。

続いて、質問事項に該当する回答を選択します。

続いて入力した情報の本人確認を行う手続きに移ります。

本人確認の書類はスマホで行うことになります。

他の口座を開設したことがある場合は同様の操作ですね。

初めての人でも、スマホのカメラで写真を撮るだけなので心配無用ですよ。

この画面が出たら「続ける」をクリック。

表示されるQRコードをスマホのカメラアプリで読み取ると、ブラウザで本人認証サイトが立ち上がります。

私の場合、確認書類は免許証だけでした。

注意事項を確認したらチェックを入れて「次へ進む」をクリック。

注意事項が表示されるので「次へ」をタップ。

もしカメラを起動できないエラーが出たら、ブラウザにカメラへのアクセスを許可する必要があります。

iPhoneの場合は、設定のプライバシーで、使っているブラウザのカメラへのアクセスを許可しておきましょう。

私の場合はChromeです。

本人認証作業を再開して、以下の表示が出たら「許可」をタップします。

この後は画面の指示に従って運転免許証の撮影と自撮りを行います。

まず免許証の表面を白以外の机などにおいて撮影します。

続いて、免許証を手に持って斜めにして撮影します。

裏面も白以外の机などにおいて撮影します。

続いて、自分の顔を自撮りします。

次に画面の指示に従って、顔を振りながら動画を撮影します。

完了したら撮影した画像の検証がされて、認証されるとメールで通知が来ます。

最長で24時間かかる場合があると書かれていましたが、実際には10分後に認証メールが来ていましたよ。

サインインしたら決済方法の登録をしておきましょう。

暗号資産を購入するための入金は三菱UFJ銀行のクイック入金が対応しています。

金額を入力して手続きすれば入金できます。

出金口座も設定しておきましょう。

設定できる口座は三菱UFJ銀行のみとなっています。

暗号資産を現金化した時に、出金する口座が必要なので、口座を持っていない場合は作る必要がありますね。

すでに口座がある場合、登録は簡単で、支店名、口座タイプ、口座番号を入れたら終了です。

最後に

日本に上陸したCoinbaseの口座開設方法をまとめました。

取り扱える暗号資産は少ないですが、海外取引所として実績や規模からして今後の動きに期待が持てますね。

個人的にはステーブルコインを取り扱ってくれると嬉しいです。

口座の開設や維持は無料なので、持っていても損はないですよ。

(無料)Coinbaseの口座を開設する

オススメ記事

Pocket
LINEで送る

フォローする