【メモ】Anyswapでクロスチェーン送金した資金が着金しないときに確認すべき情報




Pocket
LINEで送る

昨日の深夜にAnyswapで比較的大きな資金をPolygonからBSCへ送金した時に、ちょっとビビったことがあったのでそのメモです。

結論から言うと、DeFiの取引でうまくいかず、おかしいな?資金はどこに行ったんだ?と思った時に取るべき第一の対応は、その公式SNSの発信を確認することです。

超基本的な操作や設定についての間違いでない限り、何らかのトラブルに巻き込まれた可能性意があるので、その確認が必要ということです。

Anyswapの利用はこれまで何回もしているので、テスト送金なしで実行したところ、いつまでたってもBSC側に届きませんでした。

PolygonとBSCそれぞれのPoolには十分に資金があることを確認していて、これまでの経験から、すぐに着金すると思っていたので、Goxした?と内心ちょっとビビりました。

夜遅くまで待っても着金せず、朝起きても着金していませんでした。

で、朝に確認したのは、Anyswapのツイッターとテレグラム。

ちょうど送金した頃にトラブルが発生していることがツイッターでアナウンスされていました。

テレグラムでも確認してみると、資金が着金しないことの問い合わせと、トラブルとその復旧について問い合わせが殺到していましたね。

あぁ、同じ境遇の人が多く、システム上の問題なら仕方ないなということがわかりました。

同時に資金は守られていることも一応アナウンスされてたので、これ以上悩んでも何もできないと諦めがつきました。

結果として、昼に娘と遊んで帰ってきたら、ちゃんとBSCに資金が届いていたんですけどね。

SNSを確認することで、送金した資金がすぐに着金しなかったのは、自分の操作の間違いではなく、システム側のトラブルで、資金は安全に守られていることを知ることができました。

何も調べないまま、モヤモヤして家族と遊んでいたら、気が気でなかったかもしれませんね。

もし、DeFiの取引でうまくいかず、おかしいな?資金はどこに行ったんだ?と思った時には、その公式SNSの発信を確認してみてくださいね。

もしかしたら今回のように、自分のミスではなく、システム上の問題にまきこられているだけかもしれません。

Anyswapのツイッターやテレグラムなどへはページの下の方にあるアイコンからアクセスしてくださいね。

関連記事

オススメ記事

Pocket
LINEで送る

フォローする