【中級】ビットコインを買ったら次にやるべき仮想通貨の運用方法3つ




Pocket
LINEで送る

はじめに

ビットコインを買っただけで仮想通貨投資をしたつもりになっていませんか?

ビットコインの売買で稼ぐ他にも仮想通貨で資産運用する方法がありますよ。

それがイールドファーミング。

イールドファーミング(流動性マイニング):分散型取引所に一時的に仮想通貨を貸し出すことで、金利を稼ぐ投資方法

ビットコインを売買する他にアルトコインの売買で稼ぐという方法もありますが、ここで紹介するのは売買する投資手法ではなく、手元の仮想通貨を元に別の仮想通貨を稼ぐ方法(イールドファーミング)です。

ビットコインは仮想通貨の王様なので、私はコツコツ積み立ててガチホです。

アルトコインについては、$ETHなど主要銘柄以外はトレード目的では買わないという方針です。

ビットコインや主要銘柄以外の購入以外の仮想通貨はイールドファーミングで稼ぐために使っています。

イールドファーミング自体は仮想通貨の運用としては一般的になっていて、2021年はいろいろなプラットフォームが出てきては消えていきました。

このイールドファーミングを個人的には1年やってきました。

その経験から、信頼できるプラットフォームを利用した運用方法をこの記事で紹介したいと思います。

ここで紹介する運用方法はこの3つです。

  • PancakeSwapで$CAKEを稼ぐ
  • ステーブルコインを運用する
  • ビットコインを預けて、ステーブルコインを借りて運用する

ビットコインの売買以外に仮想通貨で資産を運用したいと考えている人がイールドファーミングを始めるキッカケになればと思います。

なお、仮想通貨投資における、各チェーンの違いや、送金方法といった基本知識はここでは説明しないので、ググって調べてくださいね。

イールドファーミングするのに最低限必要となるのはウォレットアプリと海外取引所の口座です。

ウォレットアプリとしてはMetaMaskが一般的に使用されるので、こちらの記事を参考にインストールしてください。

海外取引所の口座は資金の送金に必要になるので最低1つは持っておきましょう。

よく使われるのはバイナンス(Binance)です。

バイナンスのについて確認する(日本語)

なお、海外取引所は日本人を対象にしていないケースが多いので、口座の開設は自己責任でお願いします。

PancakeSwapでCAKEを稼ぐ

まず、イールドファーミングを初めてやるならBSCのPancakeSwapがオススメです。

私がはじめて触ったのもPancakeSwap。

信頼できるプラットフォームなので、事故が起きるリスクは低いです。

個人的にはBUSD-BNBペアで$CAKEを稼いでいます。

詳細はこちらの記事で紹介しているので参考にしてください。

初めてでも最後まで迷わず操作できるように画像付きで1ステップごとに解説しました。

ステーブルコインを運用する

2つ目は、ドルにペグしたステーブルコインを運用する方法です。

ステーブルコインを運用するだけで10%くらいの金利もらえるのが仮想通貨の世界。

例えば、BSCのDODOでは、USDC-USDTのペアでファーミングすると10%ちょっとの利回りが出ています。

PancakeSwapとプラットフォームが異なるので、レイアウトは異なりますが、基本的なやり方は同じです。

USDC-USDTペアの流動性を提供して、LPトークンをStakeすれば$DODOを稼ぐことができます。

かんたんに説明すると、DODOのEarnメニューで、LiquidityでUSDC-USDTペアの流動性を提供して、MiningでLPトークンをStakeして運用を開始でします。

なお、プラットフォームが異なれば利回りは異なります。

リターンが上がれば、その分リスクも高くなりますが、リスクを取れる場合は他のプラットフォームも探して検討してみてくださいね。

個人的にはSecretSwapでもステーブルコインのペアを運用しています。

ビットコインを預けて、ステーブルコインを借りて運用す

最後に、少し上級者向けの運用方法の紹介です。

手持ちのビットコインを担保にして、別の仮想通貨を借りるということができます。

借りた仮想通貨を運用すれば、ビットコインを売らずにさらに利回りが得られる投資方法です。

個人的にビットコインを預けているのはPolygonのAAVEです。

ビットコインの他にイーサリアムやステーブルコインを預けることができて、預けた仮想通貨の額によって別の仮想通貨を借りることができます。

ビットコインを預けてステーブルコインUSDCを借りる方法はこちらの記事で紹介しているので参考にしてください。

あと、TerraのAnchorなら、LUNAを担保にしてステーブルコインUSTを借りて預けると19%くらいで運用することができます。

USTの運用の方法はこちらの記事の中で紹介しているので参考になればと思います。

この記事ではLUNAを預けてUSTを借りていますが、LUNAがなくても別の場所からUSTを持ってきて預ければOKです。

ちなみに、Terraで資金を運用する場合は、ウォレットアプリのTerraStationが必要です。

インストール方法はこちらで紹介しているので参考になればと思います。

最後に

仮想通貨の世界に限らず投資はリスクがつきもの。

プラットフォームによっては、預けた資産をごっそり持っていってしまうような詐欺サイトも普通にあります。

魔界と言ったりしますが、ハイリターンを唄っているプラットフォームは初心者が手を出すと資産を全てなくす危険性があるので、初めは信頼できる場所で練習してくださいね。

ここで紹介したPancakeSwap、DODO、AAVEは信頼できるサイトです。

この記事がビットコインを買った次の投資に一歩踏み出すきっかけになればと思います。

とは言っても、投資は自己責任で。

NFA

関連記事

オススメ記事

Pocket
LINEで送る

フォローする