【1日目】PancakeSwapのBUSD-BNBでファーミングを再開!(運用資金10,000ドル)




Pocket
LINEで送る

そろそろファーミングを再開してもいいんじゃないかな?って思っていませんか?

なにもせずに手持ち資金を寝かせておくのはもったいですよね。

そろそろリスクを取って運用しようかなと思うなら、初心に戻ってCAKEを焼きませんか?

この記事は、初心に戻ってPancakeSwapのBUSD-BNBでファーミングを再開した記録です。

資金は約10,000ドル分。

仮想通貨の冬が到来して久しいですが、価格の下落も一段落した感じですよね。

経済状況によっては仮想通貨の一段の下落も想定されますが、リスクを抑えつつ手持ち資金を運用してもいいんじゃないかと思った次第です。

はじめに

ファーミングを再開したのは、PancakeSwapのBUSD-BNBです。

これ、実は2021年の初め頃に私が初めてファーミングをした場所です。

DeFiをいろいろ触りましたが、今でも安心して資金を置けて、そこそこ収益が得られるところって少ないんですよね。

DeFiバルブの時は事故ったり、ラグったりするプラットフォームが多かった。。。

で、ファーミングを再開するにあたり、やっぱりPancakeSwapで再開しよう!となりました。

報酬のCAKEを焼くのは久しぶりです。

CAKEの価格も落ち着いてきましたしね。

ここらでINしてみてもいいかないったところです。

なお、BUSDとBNBでファーミングする詳細な説明はこちらの記事で紹介しています。

今回の記事では、操作の流れはざっくりまとめています。

もしDeFi投資が初めてで、何も準備できない場合は上の記事を参考にしてくださいね。

知識なしでもファーミングが開始できるようにまとめています。

今回はファーミング再開の記録で、その成績を記録していくためのきっかけとなる記事になります。

ファーミングの成績は公開していこうと思いますので、これからクリプト投資してみたい人の参考になれば幸いです。

なお、PanacakeSwapがあるBNB Chain(BSC)でファーミングをするにはガス代としてネイティブトークンの$BNBが必要です。

BNBは国内取引所では取り扱っていなので、Binanceなどの海外取引所で調達してBNB Chainのウォレットアドレスに送金してくださいね。

Binanceのサイトを確認する

AAVEでステーブルコインを調達

まずはじめに資金の調達を行いました。

ファーミングに使うのはBUSDとBNBです。

BNBは手持ち分を使うことにして、BUSDはAAVEで調達することにしました。

AAVEは仮想通貨を担保にしてお金を借りられるレンディングプラットフォーム。

やり方についてはこちらの記事で紹介しているので参考にしてくださいね。

今回使ったのはAvalancheのAAVEです。

ざっと、やり方を説明すると、まずAvalancheのAAVEでビットコインなどの手持ち資金を預けます。

次に預けた資金を担保にしてUSDCを借ります。

貸出金利は私が借りた時点で変動金利2.61%、固定金利5.47%。

今回は5,000ドルを変動金利(Variable)で借りることにしました。

ちなみ、レンディンする時は担保率に気をつけましょう。

AAVEはHealth Factorとして表示されています。

借りているお金はステーブルコインなので価格の変動はないですが、

預けている仮想通貨の価格が暴落するとHearlth Factorが減少します。

これが1になると預けている資金が没収されるので注意してください。

Rangoでステーブルコインを送金

続いて、AcalancheのUSDCをBNB Chainへ送金しました。

送金に使ったプラットフォームはRangoです。

Rangoは数あるプロジェクトの中から最適な経路を見つけて送金できる優れもの。

チェーン間移動にはいつもRanagoを使っています。

Rangoがなかった時代は自分でブリッジとか、最適なSwap場所を探していましたら,

めっちゃ便利になりました。

チェーン間で資金を送金する場合はRangoを使ってみてくださいね。

やり方は、まずRangoにウォレットを接続します。

続いてFromにAvalancheのUSDC、ToにBSCのBUSDを選択して数量を入れます。

この時はcBirdge経由で送金になっていました。

着金したら勝手にBUSDになる形ですね。

送金が完了したら、Avalanche側とBNB Chain側のトランザクションを確認するボタンが出るのでエクスプローラーで確認しておきましょう。

Rangoで送金する

PancakeSwapでファーミングを開始

ここからPacakeSwapでファーミングを始める設定を行います。

まずPancake SwapにアクセスしたらTradeの「Liquidity」をクリック。

次に「+ Add Liquidity」をクリック。

通貨ペアにBUSDとBNBを選択して「Add Liquidity」をクリック。

BUSDの「Max」ボタンを押して最大数量を入力します。

同時にBNBも時価が同じになるように数量が自動で入力されます。

続いて「Supply」をクリック。

最終確認したら「Confirm Supply」をクリック。

メタマスクが確認を求めてくるので「確認」をクリック。

これで流動性の提供が完了しました。

続いて、流動性の提供時に受け取ったLPトークンをFarmでstakeします。

まず、PanakceSwapのEarnの「Farms」をクリック。

リストから「BUSD-BNB」を選択して、「Enable」をクリック。

メタマスクが承認を求めてくるので「確認」をクリック。

続いて「Stake LP」をクリック。

「Max」ボタン押してLPトークン全てを入力したら「Confrim」をクリック。

メタマスクが承認を求めてくるので「確認」をクリック。

ファーミング開始の手続きはこれで完了です。

ファーミングの資金が表示されるので確認しておきましょう。

ファーミングを開始した時のタイムスタンプは「Aug-12-2022 10:59:04 PM +UTC」でした(協定世界時間)

最後に

この記事ではPancakeSwapでBUSD-BNBでファーミングを始める流れを実際の操作を交えて紹介しました。

投資した資金の詳細は合計9,920ドル。

このファーミングの報酬として受け取るのは$CAKEです。

開始時の価格は4.313ドルで、BUSD-BNBのファーミング利回りは15.49%でした。

もう少し利回りの細かい内容を知りたい場合はAPR横の

のボタンをクリックしてくだい。

ファーミング資金と運用期間で得られる報酬を計算することができます。

利回りの内訳はこんな感じです。

15.49%のうち、流動性プール部分が9.54%、CAKEの報酬が5.95% になります。

これを複利で運用した場合のAPYが6.13%となっています。

もちろん、実際のドルベースの利回りは報酬として受け取るCAKEの価格の変動に左右されます。

CAKEはここ一年大きく根を下げましたが、ここから一段と下がるか、上がるかは判断が難しいところですね。

まぁ、下がったら判断が間違っていたということになりますね。

あと、流動性提供に使っているBNBも投資成績に影響を与えます。

BNBもここ一年でおおきく価格を下げています。

ファーミングを開始した結果はどうなるかわかりませんが、運用成績を記録して公開していきたいと思います。

なお、PanacakeSwapがあるBNB Chain(BSC)でファーミングをするにはガス代として$BNBが必要です。

BNBは国内取引所では取り扱っていなので、Binanceなどの海外取引所で調達してBNB Chainのウォレットアドレスに送金してくださいね。

Binanceのサイトを確認する

関連記事

Pocket
LINEで送る

フォローする