人は変われる、世界はシンプルである、誰もが幸福になれる。




Pocket
LINEで送る

人は変われる、世界はシンプルである、誰もが幸福になれる。

すべては、「勇気」の問題です。

「世界」を直視することができるか。

自分にその「勇気」があるか。

「勇気」をもって、「世界」を直視すれば、

「世界」は複雑なものではなく、シンプルなものになる。

「世界」が複雑に見えるのは、自分が世界を複雑にしているから。

「主観的」な世界に住んでいることを理解できれば、

問題は、“世界がどうであるか”、ではなく、

“自分がどうであるか”、なのである。

これ、心理学の三大巨頭とのひとりアドラーの心理学をまとめた

嫌われる勇気」の再読メモです。

アドラーの考え方を持てば、世界はずっとシンプルになり、

幸せに暮らすヒントを見つけることができます。

釣りで偏光グラスを通して見る海と、

偏光グラスを外した時の海は全く違って見えるのと同じ。

“自分が世界をどう見るか”、が問題と気づきます。

数年前、仕事が辛い時に、毎週のように釣りでストレスを解消していました。

釣りでも解消できないほどのストレスで心が折れそうになった時、

嫌われる勇気」に出会い、

世界の見方が変わって、未来に光が射したように感じました。

もし、今の現状を変えたいと思うなら、一度読んでみる価値ある本です。

関連記事

嫌われる勇気・幸せになる勇気「嫌われる勇気」から知る紀州釣りを楽しむためのアドラー心理学
はじめに 岸見一郎さんのアドラー心理学を対話形式で紹介した本「嫌われる勇気」に出会ったのは今年の1月。 その後すぐに出版された続...
Pocket
LINEで送る

フォローする