【人は変われる】問題は「なにがあったか」ではなく、「どう解釈したか」である。




Pocket
LINEで送る

過去の「原因」にばかり目を向け、

「原因」だけで物事を説明しようとすると、

話はおのずと「決定論」に行き着きます。

すなわち、われわれの現在、そして未来は、

すべてが過去の出来事によって決定済みであり、

動かしようのないものであることになる。

「原因論」の住人であり続けるぎり、一歩も前に進めません。

アドラーの心理学では、「目的論」に立ち、

過去の「原因」ではなく、

いまの「目的」を考えます。

われわれはみな、なにかしらの「目的」に沿って生きている。

そして、過去の経験に「どのような意味を与えるか」によって、

自らの生を決定している。

人生とは誰かに与えられるものではなく、

自ら選択するものであり、

「自分がどう生きるか」を選ぶのは自分である。

「原因論」に立つと、

過去は変えられず、

過去がすべてを決定し、

今日を生きるわれわれは人生に対して

なんら有効な手立てを打てなくなってしまう。

その結果、世界に絶望し、人生を諦めるに至る。

「目的論」に立つと、

過去にどんな出来事があったとしても、

そこにどんな意味づけをほどこすかによって、

現在のあり方が決まってくる。

過去には支配されない。

問題は「なにがあったか」ではなく、

「どう解釈したか」である。

もし、人間が変われる存在だとするなら、

「原因論」に基づく価値観などありえず、

「目的論」に立脚せざる得ないんです。

嫌われる勇気」より

嫌われる勇気・幸せになる勇気「嫌われる勇気」から知る紀州釣りを楽しむためのアドラー心理学
はじめに 岸見一郎さんのアドラー心理学を対話形式で紹介した本「嫌われる勇気」に出会ったのは今年の1月。 その後すぐに出版された続...
Pocket
LINEで送る

フォローする