【紀州釣り】三連休最後の日に淡路島で秋チヌを釣ってきました




Pocket
LINEで送る

はじめに

三連休は、歯の検診に行ったり、彦根のお墓詣りに行ったりとバタバタとしていました。

最終日の午前中だけ、釣りに行ける時間ができたので、淡路島に行ってきましたよ。

淡路島の紀州釣り

半日の予定なので、スタートダッシュが大事と思い、夜明け前から準備して、ウキが見えるようになってから勢い全開で開始しました。

この時期の淡路島の海はエサ取りがわんさか湧いています。

この日も、海面にイワシが群れてましたね。

いつもの通りにタナを確認して、団子の崩壊時間を把握してから、タナを早々にハワセにセッティングです。

また、エサ取りに弱いオキアミの頻度を下げて、刺しエサをローテーションしていきます。

戦略があっていたのか、この日の一匹目は開始してから1時間経たずにきてくれました。

30センチ。

2匹目はよく引いてくれましたが、39センチ。

続けてきてくれたのが、この日の最大サイズの燻銀チヌ。

44センチ。綺麗な魚体でした。

よく引いて楽しませてくれましたよ。

その後はアタリが遠のき、タナを切り替えて、オキアミで探りに行くと、反応したのはキビレ。

連続してキビレがきました。

キビレが湧いてきたら嫌だなって思いながら、タナと刺しエサを切り替えると、すぐ狙い通りにチヌがきてくれました!

41センチ。

この後は小チヌさん。

2匹目の小チヌさん。

次は41センチの燻銀チヌさんがきてくれました。

最後のチヌは42センチでした。

13時に団子がなくなり終了としました。

まとめ

半日だけの釣行だったので、早めに釣れ出してくれてよかったです。

実はバラシが2回あり、詰めが甘いのはまだまだです。

サナギのアタリに合わせるのが早くて、掛かりが浅いみたいです。

40センチアップのチヌが4枚とまずまずの結果。

淡路島のチ秋ヌを楽しめた三連休最終日でした。

  • 2018年10月08日(大潮)
  • チヌ:合計8匹(44、42、41センチ2匹、39センチ、30センチ、小チヌ2匹)
  • キビレ:2匹

淡路島のチヌ

紀州釣り団子レシピ

状況次第でアミエビを入れようと思いましたが、結局、使わずじまいでした。

関連記事

紀州釣り団子失敗しない!初めての紀州釣り団子の作り方
1. はじめに 紀州釣り(団子釣り)を初めてもうすぐ約5年が経とうとしています。 一時期、週1回は団子を投げていましたが、最近は...

刺しエサ

  • オキアミ
  • サナギ
  • ボケ
  • マダイイエロー

関連記事

小ボケの画像紀州釣りの刺しエサについてのまとめ
はじめに エサの種類が多いのも紀州釣りの楽しみの一つ。 種類が多い分、ローテーション、季節による使い分けが必要となります。 経...

紀州釣り仕掛け

関連記事

海のサンセット紀州釣りに適したウキの条件とは?オススメの高感度ウキ トップ3
はじめに 釣具屋さんの陳列棚にはウキがたくさん並べられていますよね。 その中から紀州釣り用のウキをどう選ぶのか? そもそも紀州...

友だち追加

 SNSへのシェアも大歓迎です。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

フォローする