KoinlyにbitFlyerとGMOコインの取引履歴を手動でインポートする方法




Pocket
LINEで送る

はじめに

仮想通貨の取引の記録をちゃんとつけていますか?

記録をつけていないと、来年の確定申告で大変なことになりますよ。

というのも、取引で利益が生じると雑所得に加算されて税金がかかります。

ちゃんと取引の記録をつけて、どのくらい税金がかかるかを計算をするためには、1つ1つの取引を元に算出することを求められます。

取引をちゃんとまとめていないと、確定申告の時期に急いで大量の取引を短時間でまとめるハメになるので注意が必要です。

ただ、日々の取引のメモを取るのは面倒ですよね。

Koinlyなら、仮想通貨取引所の口座はもちろん、MetaMaskなどで管理しいている取引も自動でインポートしてまとめてくれますよ。

Koinlyは、Freeプランで10,000までの取引を無制限で取り込めるのがオススメポイント。

無料で取り込める取引数は他のサービスよりも多いです。

DeFiやっている人にとってかなり有益なウォレット管理サービスです。

Koinlyの機能紹介、アカウント作成、ウォレットのインポート方法は過去の記事で紹介していますの参考になればと思います。

この記事ではbitFlyerGMOコインの取引履歴を手動でKoinlyにインポートする方法を紹介します。

正直な話、まだKoinlyの機能を全てを使いこなせておらず、ファイルのインポートの方法を悪戦苦闘して習得しました。

と言うのも、bitFlyerとGMOコインからダウンロードした取引履歴はCSVファイルとして入手可能ですが、そのままではKoinlyで認識してくれないのでファイルのインポートをが必要なんです。

bitFlyerとGMOコインのCSVファイルをKoinlyの形式に従って書き換えて、無事にインポートできたので、その方法を紹介します。

エクセルを使ったことがある人なら、ファイルを書き換える要点だけおさえれば簡単にできます。

取引量が多くても作業は単純。

確定申告に向けて仮想通貨の取引をまとめたい人の参考になればと思います。

Koinlyのインポート用テンプレートファイル

取引所からダウンロードした取引履歴のCSVファイルがKoinlyに対応していない場合でも、テンプレートに従って記載したファイルを作ればKoinlyにインポートが可能です。

Koinlyが用意しているテンプレートは以下の3つがあります。

目的に応じて使い分けることになります。

  • simple template
  • trades template
  • universa template
  •  

実施のファイルはこちらのKoinlyのサイトから見ることができます。

この記事で紹介する方法はsimple templateとtrades templateを使った方法です。

具体的には、simple templateで口座にある仮想通貨の出入り、trades templateで口座での仮想通貨の売買を記載します。

テンプレートはGoogleのスプレットシートで用意されていて、それぞれの項目はこんな感じです。

simple template

trades template

以下にテンプレートの各項目に入れる数値を具体的紹介します。

bitFlyerのCSVファイルをテンプレートに転記する方法

まず、bitFlyerの取引履歴をCSVとしてダウンロードしましょう。
 
bitFlyerのCSVファイルの項目とKoinlyの項目は以下の対応になります。
 
bitFlyerのCSVファイルから数値をコピーしてKoinlyのファイルにペーストしてください。
 
 
なお、ファイルの作成はスプレッドシートでもエクセルでも項目名さえあっていればOK。
 
作成し終わったら、ファイルをCSVとして保存します。
 
 
simple 
 
Koinlyの項目 bitFlyerの項目
Koinly Date 取引日時
Amount 通貨1数量
Currency 通貨1

trades templete

Koinlyの項目 bitFlyerの項目
Koinly Date 取引日時
Pair 「通貨1/通貨2」を記載
Side

取引種別で

買い→Buy

売り→Sell

Amount 通貨1数量
Total 通貨2数量
Fee Amount 空欄
Fee Currency 通貨2
 
 
bitFlyerのCSVファイルにはウォレットの出入りと、トレードの両方が一緒に乗っているので、simple templateとtrades templeteにそれぞれ全てを貼り付けてから、後で不要な部分を削除した方が効率がいいです。

GMOコインのCSVファイルをテンプレートに転記する方法

同じく、GMOコインの取引履歴をCSVとしてダウンロードしましょう。
 
GMOコインのCSVファイルの項目とKoinlyの項目は以下の対応になります。
 
GMOコインのCSVファイルから数値をコピーしてKoinlyのファイルにペーストしてください。
 
作成し終わったら、ファイルをCSVとして保存します。
 
 
simple temlete
 
Koinlyの項目 GMOコインの項目
Koinly Date 日時
Amount 約定数量
Currency 銘柄名

trades templete

Koinlyの項目 GMOコインの項目
Koinly Date 日時
Pair 銘柄名から「通貨1/通貨2」で記載
Side

売買区分で

買→Buy

売→Sell

Amount 約定数量
Total 約定金額
Fee Amount 注文手数料
Fee Currency JPY
 
GMOコインのCSVファイルにもウォレットの出入りと、トレードの両方が一緒に乗っているので、simple templateとtrades templeteにそれぞれ全てを貼り付けてから、後で不要な部分を削除した方が効率がいいです。
 
なお、GMOコインから送金した通貨の数量は整数で表示されていますが、Koinlyのテンプレートではマイナスをつける必要があるので注意してください。

作成したインポートファイルをKoinlyにアップロードする

テンプレートからKoinlyにインポートするためのファイルができたら、実際にアップロードしてみましょう。

まず、上部メニューの「Wallets」で「+Add Wallet / exchange」をクリックします。

次に加えたいウォレット名を入力します。

この記事を書いている時点で、GMOコインはKoinlyに登録されていないので、「Create custom ‘GMOcoin’ wallet?」をクリック。

なお、bitFlyerはウォレットとしては登録されていますが、ファイルのインポートが必要な点は同じです。

この画面で「Import from file」をクリック。

   

次に、作成したインポートファイルをアップロードして、タイムゾーンをTokyoに設定します。

Koinlyで取り込まれている時間は基本的にUTCで、日本の取引所からダウンロードした場合は日本時間になっています。
 
なので、ここでタイムゾーンをTokyoに設定して補正してもらう必要があるので注意してください。
 
最後に「Import」をクリックすればファイルの取り込みが始まります。
 

無事に完了すると取り込まれたトランザクションの数が表示されます。

Walletにも登録されていることを確認して完了です。

  

最後に

bitFlyerとGMOコインの取引履歴をKoinlyにアップロードしてインポートする方法を紹介しました。

年末年始は忙しくなるので、仮想通貨で確定申告が必要な人は、そろそろ取り掛かっていた方が良いですよ。

確定申告の締め切りが迫って、慌てないように注意してくださいね。

Koinlyは無料で10,000件までの取引を取り込んで、機能制限なく扱えるので、お試しで取り込んでみてください。

無料プランと有料プランの違いは、納税レポートの有無だけなので、とりあえず取引を把握するだけなら無料プランで初めて損はないですよ。

アカウント作成に必要なのはメールアドレスだけです。

(無料)Koinlyでアカウントを作成する

あと、ここ紹介したファイルの変換が面倒たと感じたら、国内取引所のCoinCheckがオススメです。

CoinCheckからダウンロードできる取引履歴のCSVファイルはCoinlyに対応しています。

まだCoinCheckの口座を持っていない人は検討してみてくださいね。

CoinCheckの口座を作るなら、モッピー経由がおすすめ。

今ならポイント13,000ポイントがもらえます。

(無料)CoinCheckの口座を開設する

関連記事

Pocket
LINEで送る

フォローする