【メモ】HarmonyのトークンをMetaMaskに追加する方法(コントラクトアドレスを見つける方法)




Pocket
LINEで送る

HarmonyのトークンをMetaMaskに手動で追加する方法のメモです。

というのも、Macbook Proの買い替えでMetaMaskの再インストールをした関係で表示されるトークンがリセットされたのでせっせと再設定しています。

で、BSCやPolygonなどはトークンのコントラクトアドレスは簡単に見つけて登録できるんですが、Harmonyはすぐに出てこない。

Harmony Block Exploreで表示されるコントラクトアドレスをMetaMaskに入れてもトークンは出てこないんです。

Harmonyを触り始めた頃にトークンの追加をしていたんですが忘れてしまって、思い出すのに少し時間がかかってしまいました。

その方法を忘れないために、この記事で残しておこうと思います。

やり方は簡単。

ViperSwapやDefiKingdomsでトークンのチャートページを利用します。

例えば、ViperSwapのTokensにある検索窓でbscBUSDを検索して、bscBUSDのチャートページを表示します。

このページのURLの後ろの文字列がコントラクトアドレスになっています。

これをMetaMaskのImportトークンのコントラクトアドレスに貼り付ければOK。

DefiKingdomsのトークンチャートでも同じやり方でできます。

なお、ViperSwapならほとんどのトークンは直接MetaMaskに追加するボタンがあるので便利です。

ただ、大好きな$JEWELはこのボタンがないので、上で説明したURLからコントラクトアドレスをMetaMaskに入れることになります。

HarmonyのトークンをMetaMaskに追加する際の参考になればと思います。

関連記事

オススメ記事

Pocket
LINEで送る

フォローする