【Polygon】BoneSwapでWBTCを提供して$BONEを稼ぐ方法(イールドファーミング)




Pocket
LINEで送る

はじめに

PolygonのBoneSwapでファーミングする方法をまとめました。

最近、BTC置き場のいいところが見つからず、探していたところ、少し前から始まったBoneSwapが使えそうなので利用してみました。

私が始めた時点で、APRは約400%で、利回りは少しづつ落ちてきていますが、まだ十分に行けると考えてINしました。

ネックとなるのはDeposit Feeが4%取られところですね。

手数料回収するまで少しかかりますが、運用先を決めていなくて、しばらく置いておける資金なら、投資先としてありと思います。

一応、RugDocの確認もされていて、Low Riskとされていますね。

Polygonのファーミング先の参考になればと思います。

BoneSwapでWBTCの流動性を提供する

まず、MetaMaskのネットワークを「Matic Mainnet」にして、BoneSwapにアクセスします。

次に「Farms」を選択。

リストから「WBTC」を探して、右端の「Details」をクリック。

「Enable」をクリック。

MetaMaskが使用の確認を求めてくるので「確認」をクリック。

続いて、「Stake」をクリック。

供給する数量を入力して、「Confirm」をクリック。

MetaMaskが確認を求めてくるので「確認」をクリックして完了です。

これでWBTCの提供が完了し、BONEがもらえます。

増えたBONEは「Harvest」をクリックして収穫してくださ、

BONEのコントラクトアドレスはこちらです。

0x80244c2441779361f35803b8c711c6c8fc6054a3

BONEをUSDCなどに初めてスワップするときに利用してください。

ちなみに、BONEを預けると爆裂利回りも出ていますよ。

最後に

BoneSwapの利回りは徐々に下がるはずなので、資金を入れるならお早めに。

投資は自己判断で。

Not financial advice (NFA)

関連記事

オススメ記事

Pocket
LINEで送る

フォローする