AutoMinterの概要とPRO版のまとめ(AutoMinter Pro Passはエアドロ対象です!)




Pocket
LINEで送る

はじめに

AutoMinterを知っていますか?

ジェネラティブNFTを作りたいなら、AutomMinterを知らないとやばいですよ。

この記事では、AutoMinterの概要とPro版機能をまとめました。

また、PRO版を利用するためのAutoMinter Pro Passの入手用法、AutoMinterが発行する$AMRトークンについて紹介しました。

これからジェネラティブNFTを作りたい人とってこの記事がAutoMinterを知るきっかけになればと思います。

AutoMinterはNFT コレクションを作成するためのツールです。

画像をAutoMinterにアップロードすると簡単にジェネラティブNFTを生成でできるので、プログラミング知識なしでもNFTの配布やOpenSeaなどの二次市場ですぐに販売できてしまいます。

で、AutoMinterを使い始めるハードルはめっちゃ低いです。

サイトに行ってウォレット接続して、メールアドレスを登録するだけ。

あとは、元となる画像を準備してAutoMinterの画面で操作すれば、簡単にジェネラティブNFTをデプロイすることができます。

ジェネラティブNFTを作りたい人はとりあえず登録するしてやってみると、AutoMinterがいかに優れているかがわかりますよ。

AutoMinterのはじめかた

AutoMinterの登録は、サイトに行って、右上の「Connect Wallet」をクリックして始めしょう。

ウォレット接続する方法を聞かれるので、「MetaMask」をクリック。

メタマスクから確認を求められるので「次へ」をクリック。

続いて「接続」をクリック。

続いて「署名」をクリック。

最後にメールアドレスを登録して完了です。

登録は簡単ですね。

これでAutoMinterでジェネラティブNFTを作る準備ができました。

AutoMinterで実際にジェネラティブNFTを作った経験をブログにまとめています。

具体的な流れを詳細に説明したので、これからジェネラティブNFTを作りたい人の参考になればと思います。

AutoMinterの概要とPro版の紹介

ここからはAutoMinterのPro版の機能、特典、これから予定されているエアドロの情報をまとめました。

AutoMinterはそのままでもジェネラティブNFTを作ることができる優れたプラットフォームなんですが、PRO版というのが用意されています。

そのPRO機能はこんな感じです。

  • バルクエアードロップ
  • アートとメタデータのダウンロード
  • ウェブサイトへの埋め込み可能なMintボタン
  • ホワイトリストごとのカスタムミント価格設定
  • 販売前にNFTを予約
  • アップグレード可能なコレクション
  • より高速なIPFS同期

実際にAutoMinterを使ってジェネラティブNFTを使ってみると、このこれらの機能はあったほうが良いということを実感しています。

その他、PRO版の特典として以下となっています。

  • 無制限の無料PROアップグレード(各0.2ETH相当)
  • 将来のトークン・ドロップにアクセス可能(後日公開)
  • 新機能への投票
  • プライベートクリエイターDiscord
  • 新機能へのアーリーアクセス
  • AutoMinter DAOのホワイトリスト

もしPRO版に興味を持った場合は、AutoMinter Pro PassというNFTを入手することでPRO版にアップグレードすることができます。

AutoMinter Pro Passは限定1,000枚の配布され、今は完売しているのでOpenSeaなどの二次流通で購入することができます。

この記事を書いている時点でフロア価格は0.7ETHで売買されています。

AutoMinter Pro PassをOpenSeaで確認する

個人的にはトークンのエアドロが用意されていることに注目しています。

エアドロされるのは$AMRトークン。

今後、AutoMinterが多くの人に使われる可能性は高いと思いますし、そのトークンがもらえるという機会は貴重ですね。

$AMRトークンについては、Discord内で概要が発表されていて、予定さているエアドロ対象としては以下になっています。

  • PRO Pass holders
  • Those who have created NFT collections
  • Minters of collections created on. AutoMinter
  • Other access lists
  • Community Contributors

エアドロ分はPRO Pass保有者が一番多く割り当てられるみたいですね。

引用元:AMR_Draft_Whitepaper 

上でも書きましたが、このAutoMinter Pro Passは1,000枚しか配布されていません。

ジェネラティブNFT作成の需要がどんどん高まれば、AutoMinterを利用する人も多くなるはず。

普通に考えて、1,000枚というのは少ないと思うんですよ。

とりあえず、ジェネラティブNFT作成用のアドレスに1枚、NFT投資用のアドレスに1枚の合計2枚を購入しておきました。

最後に

AutoMinterのロードマップとしては、DAO Creatorやマーケットプレイスのローンチが控えているみたいですね。

AutoMinterのビジョンとしてはDAOになる予定みたいです。

引用元:AutoMinter

この記事がAutoMinterを知るきっかけになればと嬉しいです。

ジェネラティブNFTが簡単に作れてしまう環境をAutoMinterで準備してみてくださいね。

関連リンク

投資は自己責任で。

NFA。

関連記事

おすすめ記事

Pocket
LINEで送る

フォローする