【DeFi】AVAXを購入してPangolin(Avalanche)で流動性を提供する方法〜その1〜




Pocket
LINEで送る

AvalancheのPangolinで流動性を提供する方法を2回の記事に分けて解説します。

BSCのPancakeSwapよりも準備することが多く、入金手順がちょっと複雑ですが、やり方がわかってしまえばポチポチするだけです。

利用するのは英語のサイトがほとんどですがテスト送金時の操作画面を示しながら視覚的にわかりやすく紹介しますので、Avalancheで資金を運用したいと考えている人は参考にしてください。

なお、資金をロストしても当方は責任を一切持ちませんのでくれぐれも投資は自己責任でお願いします。

はじめに

Avalancheとは、ビットコインやイーサリアムとは異なるアルゴリズムで、より高速な取引処理を実現するとして期待されているブロックチェーンです。

ビットコインが1秒間に処理できる取引の数は3~7件といわれていいますが、Avalancheは理論上、秒間6,500件の取引を処理できるとしています。

Pangolinとは、Avalanche上で2月9日に始まった分散型取引所です。

流動性マイニングが行え、流動性提供者にはガバナンストークンPNGが付与されます。

DeFiブームで多くの資金が分散型取引所に流れてきているので、Pangolinもこれから大きく成長する可能性を秘めていると考え、先行投資として触ってみることにしました。

AVAX用ウォレットの準備を行う

Pangolinで流動性を提供する場合、AVAX(Avalancheのネイティブトークン)が必要になります。

というのも、流動性提供できる通貨ペアは以下のようにAVAXかPNGが前提だからです。

PNGはPangolinでもらえるトークンなので、実質的にAVAXが必要となります。

AVAX / ETH
AVAX / USDT
AVAX / WBTC
AVAX / PNG
AVAX / LINK
AVAX / DAI
AVAX / UNI
AVAX / SUSHI
AVAX / AAVE
AVAX / YFI

PNG / ETH
PNG / USDT
PNG / WBTC
PNG / LINK
PNG / DAI
PNG / UNI
PNG / SUSHI
PNG / AAVE
PNG / YFI

また、Avalancheで資金を運用する場合、MetaMaskとAvalancheウォレットのウォレットの準備が必要になります。

これちょっとややこしんです。

MetaMaskは実際にPangolinで使うウォレット。

AvalancheウォレットはMetaMaskにAVAXを送金する前にチェーン交換を行うウォレットになります。

なぜチェーンの交換を行うかというと、AVAXは3つのチェーンが存在しているからです。

取引可能なXチェーン、スマートコントラクトで使用またはガス代を支払うできるCチェーン、ラプイマリネットワークの検証時にステークとして提供できるPチェーンです。

取引所で購入したXチェーンのAVAXをCチェーンに交換して運用するといったイメージでしょうか。

MetaMaskにAvalancheネットワークを追加する

まずは慣れているMetaMaskの設定からです。

もしまだMetaMaskを使ったことがない場合はこちらの記事で紹介していますので、インストールしてください。

【DeFi】PancakeSwapでお金を増やす方法を解説(MetaMaskとPancakeSwapの組み合わせ)
仮想通貨で金利を得ることができたらいいなと思ったことはことないですか? DeFiの仕組みを利用すれば仮想通貨で金利を得ることがで...

Pangolinでいきなり使う人はいないと思いますが、もしまだ使っていないならPancakeSwapなどで練習した方が良いと思います。

MetaMaskのトップパネルでネットワークを選択して、Custom RPCをクリックして、ネットワークの追加を行います。

以下の情報を入力して「保存」をクリック。

  • Network Name: Avalanche C-Chain
  • New RPC URL: https://api.avax.network/ext/bc/C/rpc
  • ChainID: 0xa86a
  • Currency Symbol: AVAX
  • Block Explorer URL: https://cchain.explorer.avax.network/

wallet.avax.networkでAvalancheウォレットを開設する

次に仮想通貨取引所でAVEAXを購入してMetaMaskに送金するんですが、その前にAVAXのチェーン交換を行います。

チェーン交換はAvalancheウォレットで行うことになるため、事前に自分のウォレットを作成しておきます。

Avalancheウォレットはこちらのサイトで作成できます。

日本語に対応しているので、操作はわかりやすいです。

サイトを日本語にしたら、「新規ウォレットの作成」をクリック。

次に「キーフレーズの生成」をクリック。

24個のキーフレーズが出てくるので紙などにメモして保管してください、

フレーズの確認を要求されるので入力して「VERIFY」をクリック。

キーフレーズが問題なく確認できたら「ウォレットにアクセス」をクリック。

ウォレットはこのように表示されます。

これで、Avalanche用のウォレットの準備ができました。

次は資金としてAVAXをPangolin(Avalanche)に入金します。

AVAXを購入してMetaMaskに送金する

BITFINEXでAVAXを購入する

AVAXはBINANCEでも購入できるんですが、AVAXの出金ができない状況だったので、BITFINEXで口座を開設してAVAXを購入して送金しました。

(2021年2月19日現在:BINANCEでAVAXの出金が再開されています)

BITFINEXの口座開設の方法やトレードのやり方は別の記事でまとめようと思いますので、今回は省略します。

ちなみに、BITFINEXでAVAXを購入する際はUSDあるいはUSDTになります。

なので国内取引所などからBTCをBITFINEXに送金して、いったんUSDに換金してからAVAXを購入するということをしました。

テスト用の少ない額(0.5988AVAX)で行った例を以下で紹介します。

AVAXをAvalancheウォレットに送金する(X-Chain)

BITFINEXで購入したAVAXをAvalancheウォレットに送金するには、Avalancheウォレットの「Derived Wallet Address」で「X」を選択して、アドレスをコピーします。

次に、BITFINEXのWalletでWithdrawを選択して、Avalancheの送金設定を行います。

「Address」に先ほどコピーしたAvalancheウォレットのアドレスをペースとし、「Memo」の「No Memo」、「Add a note to this withdrawal for your records.」、「I have red, understand, and agree to the condition for auto-withdrawal processing」にチェックを入れて「Request Withdrawal」をクリック。

2段階認証を求められるので、数値を入力して「Authenticate」をクリック。

私はGoogle Authenticatorを使用しています。

次のポップアップで表示されているConfirmation numberを下の入力スペースに記入して「Confirm withdrawal」をクリック。

メール認証を求められるので、登録しているメールを確認します。

送付されてくるメールで「APPROVE OR CANCEL WITHDRAWAL」をクリック。

表示されるBITFINEXの画面で内容を確認してから「Approve」をクリック。

Avalancheウォレットに送金したAVAXが着金することを確認します。

所用時間はすぐでした。

AVAXをCross Chain Transfer機能で変換する(X-ChainからC-Chainへ)

AVAXがAvalancheウォレットに着金したら、AVAXのチェーン交換を行います。

やり方は、Avalancheウォレットの「Cross Chain」の「Destination Chain」で「C Chain」を選択します。

転送額を入力して、「確認」をクリック。

しばらくすると、Destination Cに変換されたAVAXが表示されます。

ちなみに、AVAXをXチェーンに戻すには同様にCチェーンからXチェーンへの転送するだけで良いみたいです。

AVAXをMetaMaskのアドレスへ送金する(C-Chain)

次にC-Chainに変換したAVAXをMetaMaskに送金します。

まずMetaMaskのアドレスをコピーします、

Avalancheの「送金」で「C Contract」を選択し、先ほどコピーしたアドレスを宛先に貼り付けます。

送金する量を入力して、「CONFIRM」をクリック。

しばらくするとMetaMaskにAVAXが着金します。

PangolinにMetaMaskを接続する

ここでようやくPangolinにアクセスします。

まずはこちらのサイトから「Launch App」をクリック。

右上の「Connect to a wallet」をクリックして、MetaMaskを選択します。

MetaMaskが接続の確認を要求してくるので、「次へ」をクリック。

「Connect」をクリック。

これで無事にPangolinとAVAXが入ったMetaMaskがつながりました。

最後に

ここまででPangolinで資産を運用する準備ができました。

次は実際にPangolinで流動性を提供する方法について解説します。

長くなったので、続きは次回の記事で紹介しますね。

【DeFi】AVAXを購入してPangolin(Avalanche)で流動性を提供する方法〜その2〜
はじめに AvalancheのPangolinで流動性を提供する方法を紹介する記事の2回目です。 前回の記事でPangolinで使用する資金を準備する...

なお、BITFINEXの口座を持っていない場合は、こちらから口座を開設してくださいね。

BITFINEXの口座を開設する(無料)

関連記事

DeFi初心者が失敗しないために読んでおくべき書籍3冊
仮想通貨投資でDeFiも始めてみようと思った時に基本的な知識をまとめて教えて欲しいと思いませんか? 仮想通貨投資は新しい投資とい...
仮想通貨ウォレット「SafePal Wallet」の始め方〜Software WalletとHardware Walletの設定方法〜
はじめに 仮想通貨(暗号資産)で投資をしているといろいろなサイトを表示して運用状況を確認する手間が面倒ではないですか? SafeP...
【DeFi】VenusでBTCを担保にして借りた仮想通貨(BUSDとVAI)をPancakeSwapで運用する方法
はじめに 保有している仮想通貨(暗号資産)を売らずに運用する方法があったらいいなと思ったことありませんか? 今回は預けた仮想...
【DeFi】PancakeSwapでお金を増やす方法を解説(MetaMaskとPancakeSwapの組み合わせ)
仮想通貨で金利を得ることができたらいいなと思ったことはことないですか? DeFiの仕組みを利用すれば仮想通貨で金利を得ることがで...

オススメ記事

binanceBINANCE(バイナンス)を日本人が利用する方法(メリット・デメリット)
はじめに 仮想通貨の投資に慣れてくると感じるのが、日本国内の取引所の不便さだと思います。 海外取引所に比べて、国内取引所では...
pancakeBINANCE(バイナンス)に国内の取引所からビットコイン(BTC)を送金する方法
はじめに 国内取引所からBINANCE(バイナンス)に仮想通貨を送金する方法をまとめました。 海外取引所の中でもBINANCEは日本人ユー...
ethBINANCE(バイナンス)に国内の取引所からイーサリアム(ETH)を送金する方法
はじめに 国内取引所からBINANCE(バイナンス)に仮想通貨を送金する方法をまとめました。 海外取引所の中でもBINANCEは日本人ユー...
Pocket
LINEで送る

フォローする

コメント

  1. Yuichiro より:

    初めまして、突然のコメント失礼します。
    流動性について大変わかりやすくまとめていただきありがとうございます。
    1点質問があるのですが、、、
    メタマスクまでAVAXを移すとこまでできましたが、PNGとのスワップの際にエラーになります。
    またC-chainからX-chainへ変換したくAVAX Walletへ移そうと試みましたがエラーになってしまいます。
    ご負担おかけしますが、ご存知でしたら解決策をご教授いただけませんでしょうか、、、
    何卒、よろしくお願いいたします。

    • 匿名 より:

      私も同じ状態です。
      AVAXからメタマスクに戻すのにcからxにしたいのに出来ません。出来ましたか?

  2. BNB より:

    コメント失礼します(;´Д`)現在AVAXのネットワークにBNBの残高が表示されているのですがネットワークが違うのにいBNBと共有されているのですがこれはこうゆう物なんですかね?(;゚ロ゚)初歩的な質問で申し訳ないです。