円出金が爆速!FTX JapanのUSDをJPYに交換して銀行口座へ出金する方法




Pocket
LINEで送る

はじめに

この記事ではFTX JapanのUSDを日本円にして、JPYを銀行口座に出金する流れをまとめました。

FTX Japanの口座もっています?

もっていないとヤバいですよ。

なぜヤバいかというと、こんなに便利な国内取引所は他にないから。

取引所内でUSD建で資金を保管できて、日本円を短時間で無料に出金できるのがFTX Japan。

USD-JYPの交換手数料は無料。

日本円の入出金も無料です。

日本円の入金手数料は楽天銀行などのネット銀行からだと振込手数料の無料枠があるので、実質無料で入金できますね。

この記事ではFTX JapanのUSDを日本円にして、JPYを銀行口座に出金する流れをまとめました。

これからFTX Japanの口座を使う人の参考になればと思います。

FTX Japanの口座をまだ持っていない人はこちらからどうぞ。

口座の開設方法は他の取引所と同じで、メールアドレスと身分証明書があれば大丈夫です。

(無料)FTX Japanの口座を開設する

海外取引所のFTXを使っていた人は、FTX Japanに口座を移管できます。

移管の流れはこちらの記事でまとめたので、参考になればと思います。

FTX JapanのUSDをJPYにする

まず、保管しているUSDを日本円に交換します。

ウォレットのUSDで「交換」をクリック。

交換数するUSDの数量を入力して、「交換」をクリックしてください。

すぐに交換が完了するので、間違わないように気をつけてくださいね。

FTX JapanのJPYを銀行口座へ出金する

続いて日本円を銀行口座に出金する流れです。

まず出金する銀行口座を登録します。

登録は、ウォレットの「日本円(JPY)」の「出金」をクリックしてください。

登録する銀行口座の情報を入力して「次へ」をクリック。

続いて、銀行口座が自分のものであることを証明できる画像ファイルをアップロードします。

私の場合は、楽天銀行のアカウント画面をスクショしてアップロードしました。

FTX Japanの解説によると、資料中に「銀行名」、「支店名」、「口座番号」、「口座名義人」が掲載されていればよいみたいです。

キャッシュカードや通帳の写真や、Webサイトのログイン画面等などをスクショしてアップロードしましょう。

ファイルのアップロードが完了したら「送信」をクリック。

これで銀行口座の登録が完了です。

続いて、もう一度ウォレットの「日本円(JPY)」の「出金」をクリックしてください。

すると登録した銀行が出金先に表示されるので、出金する数量を入力して「次へ」をクリック。

認証手続きを行って、「出金」をクリックすれば出金手続きが完了です。

最後に

この記事ではFTX JapanのUSDを日本円にして、JPYを銀行口座に出金する流れをまとめました。

USDを取り扱えるFTX Japanはめっちゃ便利です。

日本円の出金も早いのでこれからFTX Japanが国内取引所でシェアを伸ばしてくるんじゃないかと考えています。

FTXが後ろに付いているので、これからのサービス充実にも期待ですね。

個人的にはステーブルコインを取り扱えると、さらに利便性が上がると思います。

まだFTX Japanの口座を持っていない人は開設してみてくださいね。

もちろん口座開設の費用はタダです。

(無料)FTX Japanの口座を開設する

関連記事

Pocket
LINEで送る

フォローする