【Web3.0】CyberConnectで自分のアドレスにTwitter・ENS・NFTを設定する方法(分散型ソーシャルグラフ)




Pocket
LINEで送る

はじめに

分散型ソーシャルグラフ(decentralized social graph)って知っていますか?

私はつい最近まで知りませんでした。

知るきっかけになったのは、イケハヤさんのこのVoicy。

分散型とは、

分散型(ぶんさんがた)とは、複数のコンピュータなどに分散して機能を持たせること、またはそれで一つの機能を動作させる考え方。集中型の反対の意味として用いられる。

引用元:wikipedia

ソーシャルグラフとは、

互いに影響を与えあう複数の人間の結びつきや、かかわり合いを示した概念。SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)をはじめとするソーシャルメディアにおけるウェブ上での人間の相関関係を、点と線分で可視化したものやその集積データを意味することが多い

引用元:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)

なので、分散型ソーシャルグラフとは、集中型(中央集権的)ではないSNSにおける関係性ということになりますね。

簡単に言うと、SNSのフォロー、フォローワーを分散化するという概念です。

例えば、ツイッターやフェイスブックのアカウントがバンされるとユーザーはフォロー、フォロワーの関係を失ってしまいますよね。

せっかくの繋がりが1企業の判断で失ってしまうのは個人としては大きな損失です。

この問題をブロックチェーンの技術で分散型して保存しておこうということです。

SNSで個人のフォロー、フォロワーの関係を1企業で中央集権的に管理させるのではなく、分散化して保存しておこうという考え方。

で、この分散型ソーシャルグラフを提供することを目的としているのがCyberConnectです。

CyberConnectの機能としては今のところ以下の2つです。

  • Follow/Follower
  • ショートコメント機能

そして、この記事を書いている時点でツイッターとの連携ができます。

また、ENSで設定している名前やアバター(NFT)を表示することも可能。

この記事ではCyberConnectのプロファイル(ウォレットアドレス)にツイッターのアカウントを紐付ける方法、ENSの名前やNFTを設定する方法をまとめました。

Web3.0のSNS運用に備える参考になればと思います。

CyberConnectでプロファイルを設定する

ウォレットアドレスを接続する

まず始めにCyberConnectにウォレットアドレスを接続しましょう。

MetaMaskのネットワークをイーサリアムメインネットにして、Cyberconnectのサイトの右上にある「Connect Wallet」をクリック。

続いてMetaMaskを選択します。

これで接続は完了です。

簡単ですね。

ちなみに、検索窓でENSの名前かアドレスを入れると、気になるアドレスを検索できます。

イケハヤさんのVoicyでも紹介されていたbspeakさんを調べるとこんな感じで出てきました。

左にNFTのアバターが表示されていて、ツイッターも紐付けされていることがわかります。

フォローするには、「Follow on cyberConnect」をクリックして、MetaMaskで署名する流れになります。

なお、今は一度フォローするとフォローを外すことはできないようです。

CyberConnectでツイッターアカウントを設定する

次に、CyberConnectでウォレットアドレスにツイッターアカウントを紐づける設定です。

CyberConnectにウォレットアドレスを接続した状態で、「Verify Twietter」をクリック。

続いて「Verify Twitter」をクリック。

MetaMasが署名を求めてくるので「著名」をクリック。

以下のグレー背景の文章をコピーしてから「Send Tweet」をクリックして、設定したいTwitterアカウントでコピーした文章を貼り付けてツイートします。

ツイートしたアカウントを以下の「handle」に入力して「Verify Tweet」をクリック。

これでツイッターのアカウントの設定が完了です。

エラーが出るときは少し待ってから「Verify Tweet」をクリックするとうまくいきます。

無事に設定できるとCyebrConnectのプロファイル画面でツイッターのアカウントが表示されます。

CyberConnectのアカウントにENSの名前を付ける方法

次にCyberConnectに接続しているウォレットアドレスにENSを設定します。

設定はENSのサイトから行います。

ENSのサイトで設定したい名前をMy Accountから選択します。

次に「Primary ENS Name (reverse record): not set」をクリック。

この画面で設定したい名前を選択して「Save」をクリック。

MetaMaskが確認を求めてくるので「確認」をクリック。

これで設定完了です。

CyberConnectのプロファイル画面に戻ると、アドレスの文字列表示だったアカウント名がENSの名前で表示されるようになります。

ENSでアカウントにNFTを設定する方法

次にENSでウォレットアドレスのアバターにNFTを設定する方法です。

ENSでアバターとしてNFTを設定すればCyeberConnectのアバターとしても表示される仕組みになっています。

ENSでNFTの設定をするには、まずOpneSeaで必要な情報を取得します。

OpenSeaのサイトにアクセスして、アバターに設定したいNFTを選択します。

今回はICPunkからもらったこのNFTをアバターに設定してみました。

アバターの設定に必要なNFT情報は、DescriptionのDetailsにある3つの項目です。

  • Contract Address
  • Token ID
  • Token Standard

始めにContract AdressをクリックするとEtherscanのサイトに飛ぶので、Contractをコピーしておきます。

次に、ENSのサイトに行って、NFTをアバターとして設定したい名前を選択します。

今回はearl-grey.ethにしました。

レコードを選択して、「ADD/EDIT RECORD」をクリック。

次にテキストコードの「avatar」に以下の形式で入力します

eip155:1/Token Standard:Contract Address/Token ID

(erc-721の「-」は入力する際には削除しておく必要があります。)

eip155:1/erc721:0xA2480eB41Dd1F2B0aBADe9f305826C544d47f696/3140

入力に問題なければ✅がつくので、「Confirm」をクリック。

続いて「確認」をクリック。

MetaMaskが確認を求めてくるので「確認」をクリック。

これでENSの名前にNFTがアバターとして設定できました。

CyberConnectでもアバターが表示されることが確認できます。

ただ、ウォレットの表示部分にはアバターが表示されるのですが、はなぜかCyberConnectのプロファイル画面ではまだアバターが表示されていない状況です。

これは私の設定が間違っている可能性があるので、解決したら記事を更新したいと思います。

最後に

CyberConnectの設定が無事にできたら、こちらからフォローしていただけると嬉しいです。

分散型ソーシャルグラフを使うSNSが広がると、既存のSNSはどうなるんでしょうか。

ツイッターやフィイスブックが仕様を分散型ソーシャルグラフに対応するのか、または別のSNSが台頭してくるのか。

SNSの世界も大きく変わっていく可能性がありワクワクしますね。

今のうちにCyeberConnectを設定して、Web3.0のSNS運用に役立ててくださいね!

なお、ENSで名前を取得する方法についての記事はこちらで紹介しています。

関連記事

オススメ記事

Pocket
LINEで送る

フォローする

コメント

  1. bamboo より:

    初めまして。検索して一番有益な情報にたどり着くことができました。
    素人質問で恐縮です。
    CyberConnectのアカウントにENSの名前を付ける方法段階で、
    こちらはENSにて取得した名前(.eth)のみを付けることができるのでしょうか?

    Unstoppable DomainsでNFTドメインを取得しまして、そちらを掲載するわけではないのでしょうか?(本日こちらで.nftを取得してそちらを掲載できるのかと思っていました)

    根本的に勘違いしているようでしたらご指摘・アドバイス願えたらありがたいです。

  2. kuromasuo より:

    こんにちは。
    いつも有益情報ありがとうございます。
    質問です。

    アールグレイさんはどのようにして、Infinity Flogsをメタマスクウォレットに入れることができたのでしょうか?

    わたしもICPで入手したNFT(ICPunksやMotokoなど)を、Plug walletからメタマスクに送れたらいいなと思っています。

    調べたところ、以下がわかりました。

    ・ICPunksはETH-ICPブリッジができている(?):https://twitter.com/GigaverseLabs
    ・一方で、公式HPロードマップによると、イーサリアムとBSCからICPへは2022年のQ1に開始予定(?):https://icpunks.com/

    送り方がわからなかったので、伺う次第です。

    よろしくお願いいたします。