【Dfinity】今後が有望なICPunksとInfinity Frogsのロードマップをチェック!




Pocket
LINEで送る

はじめに

ICPのNFTって気になりませんか?

ICPのNFT銘柄であるICPunksとInfinity Frogsのロードマップをまとめました。

これから予定されているイベントに加えて、オーナーになるメリットを知るきっかけになればと思います。

ICPunksは、2021年9月初めに発行された10,000個のコレクターズピエロで、ICPで最初のNFT。

私も1体を入手しています。

Infinity Frogsは、ICPunksと同じ運営が手がけるイーサリアム上のNFT。

OpneSeaで発行され、今後はイーサリアムとICPをブリッジする最初のNFTを目指しています。

つい先日発行され、私は2体を入手しました。

以下にDiscordで紹介されているロードマップをまとめましたので、ICPとNFTに関心がある方に参考になればと思います。

ロードマップ

ロードマップは3つのフェーズに分けて紹介されています。

フェーズ1(2021年第4四半期)

  • ETHブロックチェーン上にFrogsのコレクションと独自のスマートコントラクトを作成
  • 主要なブロックチェーンに接続する独自のマーケットプレイスの取り組みを完了させる
  • 入札システム、検索、ソートなど、多くの機能を追加する。

ICPunksは2021年9月にICPでリリースされて、Frogsはつい最近ETHのOpenSeaでリリースされたばかり。

運営が手がけるマーケットプレイスはお世辞にも作り込まれている感じはありませんね。

これから充実させて、各ブロックチェーンへの対応を進めるみたいです。

フェーズ2(2022年第1四半期~第3四半期)

  • ETH-ICブリッジを作成し、ETHからインターネットコンピュータにFrogsを「ジャンプ」できるようにする
  • Frogsをインターネットコンピュータに「ジャンプ」した人は、メタバースで特別な権限を持つことになる
  • NFTが実際に使用されるゲームのメタバースを作成
  • インターネットコンピュータにICPunksとFrogsを持っている人が、メタバースで大きなボーナスを得ることができる

ETHでリリースされたFrogsをICPにジャンプ(ブリッジ)させることを前提にしているみたいです。

ブリッジをジャンプと言っている点、Frogsのコンセプトがうかがえます。

メタバースに言及しているところも未来のビジョンが現れていていますね。

フェーズ3(2022年第4四半期)

  • 他の主要なブロックチェーンでNFTを作成し、インターネットコンピュータに移動させる。
  • より多くのクロスチェーンを含むメタバースの拡大
  • ブロックチェーンに関係なく、すべてのNFTのコレクションの中心となるマーケットプレイスの拡大

この頃にはICPが今よりも充実してきているはずなので、クロスチェーンとメタバースでICPunskがいいポジションになっていると面白いですね。

ボーナス

2022年第1四半期にICPunkを所有している全員に無料でNFTが送られることになっています。

最後に

個人的には、NFTを他のブロックチェーンからICPへブリッジさせることを見据えて技術開発していることに注目しています。

というのも、これが実現するとICPと他のブロックチェーンのハブ的な立ち位置になる可能性位を秘めているから。

NFT自体はこれからどんどん市場が拡大していく分野なので、その中でポジションを取ることができれば結構美味しいことが起きるんじゃないかなぁと。

今のところ、NFTの市場はOpenSeaなどイーサリアムがメインです。

ただこの業界は変化が大きいので、こらからどうなっていくかは未知数。

ICPが普及した将来はまた違った景色になっている可能性ありです。

そんな未来でICPとNFTの組み合わせは面白いんじゃないかなぁって感じています。

NFTで手に届く価格のものでICPunksとInfinity Flogsは投資価値はあると判断しています。

純粋に絵が好きでもあるので、持っていて楽しいです。

ICPでNFTは、ウォレットと$ICPがあれば簡単に入手可能です。

ICPでNFTを始めたい人はこちらの記事でウォレットを設定するところから始めてくださね。

投資は自己責任で。

NFA

関連記事

オススメ記事

Pocket
LINEで送る

フォローする