【BSC】IRONでステーブルコインペアIRON-BUSDの流動性を提供して$STELLを稼ぐ方法(イールドファーミング)




Pocket
LINEで送る

はじめに

Polygon版のIRONが盛り上がっているので、BSC版のIRONにも投資しました。

IRONはまだまだ盛り上がりが続いていますね。

TVLは10億ドルを超えて、この記事を書いている段階で15億ドル直前。

また$TITANも上昇を続けて、25ドルを超えても、勢いがとまりません。

私も少し前からIRONに投資を始めて、徐々に追加投資しています。

今はPolygonのIRONに注目されていますが、IRONはもともとBSC版から始まっているのをご存知でしょうか。

実は、このBSC版のIRONは色々ありました。

私も利用してたValueDeFiのミスでSIL(現在のSTEEL)が大暴落した経緯があります。

よくよく経緯を確認すると、IRON自体は問題なく、とばっちりを食らった感じです。

  • 2021年3月16日、以前のシェアトークンであるSILトークンが、ValueDefiによる人為的エラーによりクラッシュ
  • 2021年5月8日、ハッカーがValueDefiのコードを悪用し、IRON / STEEL流動性プールからのSTEELトークンを含む、多くのDeFiプロトコルの流動性プールからの多数のトークンが盗まれた

引用元:IRON

で、今のBSC版のIRONはPolygonほど盛り上がっていないんです。

おそらく仮想通貨バブルの崩壊でBSCへの注目度が下がって、Polygonに注目が増えていたタイミイングだからかなと思います。

IRONへの投資の報酬としてもらえる$STEELはここ最近上昇中。

BSCでも、ステーブルコインであるIRONとBUSDの流動性を提供してイールドファーミングすることで、高い利回りが得られる状況です。

この記事を書いている段階でBSCのIRON-BUSDはAPR118%です。

Polygon版のAPRには劣りますが、ステーブルコインの利回りですから、100%でもめちゃ高いです。

ということで、BSC版のIRONにも投資することにしました。

弱小投資家なので、追加資金の余力はなく、すでにBSCにおいてある資産の組み替えでIRONに投資をしました。

具体的にはBNB-BUSDのLPを解体して、BUSDをIRONの投資原資としましたよ。

(一方のBNBはGrowingで単品運用に切り替えです)

で、資産の切り替えはじっくりPCで行いたかったんですが、当日は朝から2歳の娘との2人デートの日だったので、娘と遊びながらスマホでポチポチ実行しました。

忙しい中で仮想通貨に投資している人や、これからIRONに投資したい人にとって、参考になればと思います。

IRONで$IRONをmintする

まず、MetaMaskのブラウザー機能でIRONにアクセスします。

MetaMaskでブラウザを立ち上げるにいは、まず左上のメニューを立ち上げます。

次に、「ブラウザー」を選択。

IRONに接続して、上部メニューのネットワークの切り替えボタンをタップ。

BSC版に切り替えます。

次に「Connect」でウォレットを接続します。

続いて、メニューから「Mint」を選択してIRONを入手します。

IRONの入手は、通常はBUSDとSTEELの組み合わせで行いますが、「Use only BUSD to mint」を有効にすればはBUSDだけで入手可能です。

「Input」にBUSDの数量を入力して、「Mint」をタップします。

続いて「Confirm」をタップ。

実はこの過程でなぜか実行されない現象が何回か続きました。

「Confirm」しても初期画面に戻る場合は、時間をおいてチャレンジして見いてください。

MetaMaskが確認を求めてきたら「確認」をタップ。

トランザクションが通ればIRONの入手は完了です。

PancakeSwapでIRON-BUSDの流動性を提供する

次に、IRONとBUSDの流動性を提供します。

流動性の提供先はPancakeSwapになります。

直接PancakeSwapへ行ってもよいのですが、ここではIRONから行う手順で紹介します。

IRONのサイトのメニューで「Farms」を選択。

「IRON/BUSD LP」をタップして詳細を表示します。

「Add liquidity」をタップしてPancakeSwapのサイトに飛びます。

PancakeSwapのサイトが表示されたら、IRONとBUSDに流動性を供給する量を入力。

(片方を入力すれば、もう片方の必要な量が表示されます)

「Approve IRON」をタップ(初めてここを使う場合だけ表示されます)。

MetaMaskが確認を求めてくるので「承認」をクリック。

続いて「Supply」をクリック。

内容を確認して「Confirm Supply」をクリック。

これでトランザクションが通れば流動性の提供が完了、しLPトークンが付与されます。

IRONでIRON-BUSDのLPトークンをStakeする

次に、IRON-BUSDの流動性提供で得たLPトークンをStakeしいます。

IRONのFarmsの「IRON/BUSD LP」の画面に戻って、「Stake」をタップ。

MetaMaskが確認を求めてくるので、「承認」をタップ。

100%を選んで、「Stake」をタップ。

MetaMaskが確認を求めてくるので「確認」をクリック。

これですべての作業が完了です。

時間が経つと報酬のSTEELがたまって行きます。

最後に

今回はスマホのMetaMaskで操作を行ったので、PCのMetaMaskには履歴は残らないのが注意点です。

トランザクションの記録はPolygonscanなどで直接確認してくださいね。

日々の記録も大事です。

あとスマホのセキュリティは万全に。

ちなみに、報酬のClaimタイミングはDailyで行えばよいみたいですね。

複利効果も得つつ、ファーミングしていきます。

くれぐれも投資は自己判断で。

Not financial advice (NFA)

関連記事

オススメ記事

Pocket
LINEで送る

フォローする