PrysmのSquadのウォレットアドレスをGnosis Safeで扱う方法




Pocket
LINEで送る

この記事では、すでにPrysmを使っている人が、SquadのウォレットアドレスをGnosis Safeで取り扱う流れを紹介します。

PyrsmはGnosis Safeの 上位UI およびトランザクションレイヤーみたいなので、Prysmを使っていたら、そのアドレスはGnosis Safeで扱うことが可能なんです。

やり方は簡単なので、サクッと設定してしまってください。

設定の流れは流れは以下となります。

まず、Gnosis Safeで操作したPrysmのアドレスをSquad画面でコピーしておきます。

次に、Gnosis Safeのウォレット作成画面で。「Add  existing Safe」をクリック。

「Continue」をクリック。

Safe nameに任意の名前を入力して、safe addressに先ほどコピーしたPrysmのアドレスを貼り付けて「Continue」をクリック。

オーナーアドレスが表示されるのでPrysmの設定と合っているか確認して、「Continue」をクリック。

最後に「Add」をクリック。

これでPrysmのアドレスをGnosis Safeで扱えるようになりました。

この記事では、すでにPrysmを使っている人が、SquadのウォレットアドレスをGnosis Safeで取り扱う流れを紹介しました。

PrysmはOpenSeaのNFTを取引できるといったGnosis Safeではまだ対応していない機能がありますが、Gnosis SafeはPrysmよりも幅広い利用が可能ですよ。

これからGnosis Safeを利用する参考になればと思います。

関連記事

Pocket
LINEで送る

フォローする