【DeFi】PancakeSwapのイールドファーミングおける報酬について(具体例:VAI-BUSD)




Pocket
LINEで送る

はじめに

イールドファーミングの報酬についてわかりにくいなぁって感じていませんか?

PancakeSwapのイールドファーミングは、以下の2つがあります。

  • 流動性提供による手数料報酬
  • 流動性提供によるLPトークン

それぞれの報酬について、私が投資しているVAI-BUSDを例にして具体的な数値でまとめてみましたので参考になればと思います。

VAI-BUSDの流動性を提供することによる手数料報酬の利回り

まず、VAI-BUSDを預けた先(流動性プール)でその一部が使われる際、使った側は0.2%の手数料を払い、預けた側は0.17%の手数料報酬をもらえます。

各通貨ペアの手数料の利回りはPancakeSwapのPairsで以下のように確認することができます。

「Liquidity」が通貨ペアの総流動性、「Volume」は時間毎の取引量、「1y Fees/Liquidity」が流動性プールの年間利回りになります。

ここで、2021年2月3日時点のVAI-BUSDの年間利回りは、34.37%と表示されています。

これは、VAI-BUSDの流動性プールの利回りで、以下の式で計算されています。

日利 = Volume(24hrs) / Liquidity *0.2 /100

= 2,695,905 / 5,725,653 *0.2 /100

= 0.09416935

年利 = 日利*365 = 34.37(単利)

流動性プールの利回りではなく、流動性提供者の手数料の利回りを知りた場合は、上の式で0.2%ではなく、0.17%を計算に入れて計算します。

日利 = Volume(24hrs) / Liquidity *0.17 / 100

= 2,695,905 / 5,725,653 *0.17 /100

= 0.08004394

また、流動性提供は複利運用できるとすると、以下のようになります。

年利 = ((1+日利/100)^365-1)*100 =  33.92%

33.92%ってめちゃ高いですが、この数字は日々観察していると結構変動があって、瞬間風速的に高くなったりしていますね。

VAI-BUSDの流動性を提供して得たLPトークンの利回り

次に流動性を提供することで得られる独自の通貨(LPトークン)についてです(流動性ファーミング)。

VAIとBUSDでもらえる通過はVAI-BUSD LPと表示されます。

1LP = 1VAI + 1BUSD

このVAI-BUSD LPトークンの利回りをPancakeSwap のFarmで確認すると2021年2月3日では年利52.59%で、報酬はCAKEとして得られます。

ここで、CAKE自体の価格は2月3日時点でドル、2.35ドル(105円/ドルだと246.75円)ですね。

変動損失から見たVAI-BUSDの利点

なお、流動性マイニングにおける収益は変動損失も考慮に入れる必要があります。

変動損失についてはこちらの記事で説明しているので参考にしてください。

変動損失を簡単に説明すると、通貨ペアの価格変動があると、預けるよりも単にホールドしているだけの方が良いこともあると言うことです。

下のように通貨ペアが預けた時よりも5倍の価格変動があると、単にホールドしているより、預ける方が25.5%も損をしてしまいます。

なので、通貨ペアの価格変動が少ない方が預けることによる変動損失を回避できることになります。

  • 1.25倍(125%)の価格変動 = 0.6%の損失
  • 1.50倍(150%)の価格変動 = 2.0%の損失
  • 1.75倍(170%)の価格変動 = 3.8%の損失
  • 2倍(200%)の価格変動 = 5.7%の損失
  • 3倍(300%)の価格変動 = 13.4%の損失
  • 4倍(400%)の価格変動 = 20.0%の損失
  • 5倍(500%)の価格変動 = 25.5%の損失

引用元:BINACE ACADEMY 変動損失の説明

VAI-BUSDのペアだと以下のグラフのように、価格変動がほとんどないので変動損失は少ないことがわかりますね。

価格変動がないのは、VAIとBUSDともにステーブルコインであることがその理由です。

また、仮に大きな変動損失があっても手数料報酬やLPトークンによる運用益が変動損失を超えていれば最終的には利益を得ることができます。

まとめ

VAI-BUSDの流動性を提供することで、手数料報酬を受け取りつつ、独自トークンの運用で報酬がもらえる仕組みになっています。

ちなみに、もらったCAKEを「Pools」で預けてさらにCAKEをもらうことも可能です。

2月3日のCAKEの利回りは144.98%ですね。

で、この報酬で得たCAKEをcompoundすると、預け入れに加えることができます。

CAKEを預けてCAKEをもらって再投資という福利運用で雪だるま式にCAKEが増えていtちゃうんですよねー。

CAKE自体はPancakeSwap独自の通貨なので、 受け取った利回りを実現するには、別の通貨に交換すことになります。

CAKEを売ってしまうか、CAKEを複利運用するかは判断が必要ですね。

CAKEは新規発行による分配圧がかかるので価格は低下することが想定されますが、利回りが高いので資金が逃げないなら、あまり低下しないのでは?とも思います。

とりあえず、今はCAKEをせっせと回収して複利運用をしています。

関連記事

オススメ記事

Pocket
LINEで送る

フォローする

コメント

  1. より:

    流動性提供者への手数料を知りたかったので、とても参考になりました。

    feeと実際にもらえる金額の割合は、きちんと確認しないといけないですね。。

    また、その手数料報酬は、LPトークンをrewmoveしたときに付与されるのでしょうか?

    それとも自動複利でしょうか?

    お時間がありましたら、ご回答お願いします。