阪急阪神の買い物ならペルソナstaciaカードが楽天カードより優秀




Pocket
LINEで送る

紀州釣りの釣行記一覧はこちらからどうぞ。

釣行記一覧

紀州釣り入門記事はこちらから。

紀州釣り入門 記事一覧

私が使っているクレジットカードは楽天カード。

楽天経済圏でポイントを貯めるためには必須のカードですが、お嫁さんはこの楽天カードを持っていません。

というのも、楽天市場の使用頻度が低くて、街中でも現金を使用することが多い派でした。

最近は、食材や子供用品の購入でよく利用する阪急でクレジットカード「ペルソナstaciaカード」を利用しています。

このペルソナstaciaカードを楽天カードと比較をしてみたら、ペルソナstaciaカードが意外と優秀でした。

ペルソナstaciaカードは、阪急百貨店・阪神百貨店の食品、レストラン、カフェ、セール品、神戸阪急および高槻阪急の専門店は1%のSポイントがたまります。

そして阪急百貨店や阪神百貨店では初めから5%の高還元率なんです。

年会費は2,200円かかってしまいます。

年会費を買い物のポイントで元を取ろうとすると、還元率1%の場合、

2200ポイントは、年間220,000円の買い物で得られる計算。

阪急・阪神百貨店での還元率5%の場合は年間44,000円の買い物で元が取れることになります。

私がお嫁さんを観察している限り、食費と洋服代を合わせると年会費はポイントで十分カバーできる計算になります。

一方の楽天カードの場合、街中の還元率は基本は1%で、キャンペーンでも2%。

楽天ゴールドカードは、年会費2,200円は同じで、街中のポイント還元率は1%なので、阪急、阪神百貨店での買い物の還元率はペルソナstaciaカードに負けてしまいます。

また、ペルソナstaciaカードで貯めたSポイントは阪急・阪神百貨店やその他の阪急グループで使用できるのに対して、楽天ポイントは利用できないという差があります。

食費や普段の買い物の多くが高槻阪急で、阪急百貨店で洋服などの買い物することが多いなら、何もしなくても5%の還元を得られるペルソナstaciaカードがお得だということに気づいてしまいました。

街中の買い物にフォーカスするなら楽天カードにこだわらず、還元率が高いクレジットカードは検討する価値ありですね。

ペルソナstaciaカードの詳細を確認する

一方の私は、楽天市場の買い物が多く、街ではあまり大きな買い物をしないので、引き続き楽天カードと楽天市場にコミットしていきたいと思います。

お嫁さんが楽天市場の魅力に気づいたら、その時に楽天カードを勧めようと思います。

楽天カードの詳細を確認する

関連記事

オススメ記事

私が紀州釣りで使用してる釣り道具や釣り餌は楽天ROOMでまとめて紹介しています。

お買い物マラソンの参考にしてくださいね。

私の楽天ROOMはこちら

紀州釣りの釣行記一覧はこちらからどうぞ。

釣行記一覧

紀州釣り入門記事はこちらから。

紀州釣り入門 記事一覧

Pocket
LINEで送る

フォローする