淡路島でイカナゴの親「フルセ」を食べたくなりました




Pocket
LINEで送る

初めて知ったのですが、「フルセ」は淡路島播磨沿岸の方言で、イカナゴの2年仔のことをさすようですね。1年仔または幼魚はシンコ(新子)といって有名です。

このフルセ漁が終わったようなのですが不漁だったみたいです。

シンコを保護するための制限付きのフルセ漁であったのことで、今年のシンコが沢山とれるといいですね。

明石浦漁協組合さんの説明を読むと、フルセ、一度食べてみたくなりました。

地元ならではの極めて鮮度の高いフルセの食べ方は刺身。他の魚にないたっぷりの脂が魅力です。その他、酢ジメ、焼き、唐揚げと何でも美味しい。フルセのくぎ煮もイカナゴ本来の味がしっかり残り、新子のそれとは違った味わいが楽しめます。

関連記事

【淡路島】釣りに役立つ漁業組合の水揚げ情報まとめ(2019年2月12日)
はじめに 釣り人って、釣りの情報ばかりを気にするんですが、私は淡路島の漁場がどうなっているのかにも興味があり、アンテナを張って...
いかなご漁で春の淡路島を想う2018
淡路島の春が待ち遠しいですが、淡路島の春といえば「いかなご」。いかなごの釘煮はずっと好きな食べ物の一つです。 2017年のいかなご...
Pocket
LINEで送る

フォローする