コロナで田舎へ移住する必要があるのか?




Pocket
LINEで送る

コロナを機に田舎へ移住する動きが少なからずあるようですね。

私は淡路島好きで一度、移住や別宅を考えたことがありますが、地方に住むことは自分には向かないと言う結論に至り通うことにしています。

現役世代が移住するには職が必要ですが今の仕事は続けられなくなりますし、移住先の仕事がやりたいわけでもなかったので移住は早々に人生の選択肢から消えました。

小さくてもいいので別宅を持とうかと思った時期もありました。

実際、別荘地をまわったり、トレーラーハウスを本気で見に行ったりもしてみました。

ただ、住居を持つコストを計算した結果、馬鹿にならないことが判明したので、通えばいいと言う結論に至りました。

都市部で感染者が多いのはたしかですが、医療体制が整っているのも都市部。

田舎で仮にケラスターが多数発生した時に対応できるのか?という疑問もあります。

医療に限らず、必要なものが揃っているが都市部。

またコロナが流行れば自宅に篭ればいいだけですし、便利なものは近くにあったほうがいい。

釣りが好きなので海が近くにあるといいなと思いますが、ドライブも好きなので、程よく離れていてもいいのかなと考えています。

私にとっては、淡路島はちょうど良い距離にあり、ドライブ、釣りを楽しむことができる癒しのアイランドとなっています。

コロナについては、遅かれ早かれ、ワクチンと治療薬はできます。

コロナは人生の大きな選択をするほど大きなイベントではないんじゃないかなと。

引き続き、淡路島に通って、紀州釣りを楽しむ人生をより充実させようと思います。

関連記事

オススメ記事

紀州釣りの釣行記一覧はこちらからどうぞ。

釣行記一覧

Pocket
LINEで送る

フォローする