【Ronin】KatanaでAXS-WETHの流動性を提供して$RONを稼ぐ方法(イールドファーミング)




Pocket
LINEで送る

はじめに

Roninブロックチェーン上のDEX(分散型取引所)であるKatanaが開始されたので、イールドファーミングを始めました。

具体的にはAXSとWETHでRONを掘り始めたので、その手順を紹介します。

AXSはブロックチェーンゲーム(NFTゲーム)のアクシー・インフィニティ(Axie Infinity)で取引される通貨。

2021年に価格が大きく上昇しました。

前々からアクシーに興味を持っていたので、このタイミングで投資です。

ちなみに、アクシー関連銘柄のSLPも様子を見て投資を検討中。

アクシーはブロックチェーンゲームで一番有名。

AXSやSLPはゲーム内で稼ぐことができるトークンです。

で、AXIEはイーサリアムを使っているので、ゲームで稼いだSLPをスワップしたりするのに手数料が高いという問題があるんですね。

この手数料を削減するために登場したのがKatana。

Katanaを使ってAXS、SLP、WETHなどを安い手数料でスワップすることができるようになったので注目が集まっているんです。

このKatanaはスワップの他にファーミングするとWRONを稼ぐことができます。

WRONはRoninのネイティブトークンであるRONをラップしたERC20トークン。

Ronin上ではRONを報酬として支払うことができないので、WRONになっているみたいですね。

現在、Katanaでは以下のペアでファーミングできます。

  • AXS/WETH
  • SLP/WETH

今後はETH/USDC、RON/ETHも増える予定。

今はRoninでの取引は1日100回まで手数料が無料ですが、今後はガス代としてネイティブトークのRONが必要になようです。

Roninが使われるようになると、そのRONの価格に期待が膨らみますよねー。

BSCのBNB、SolanaのSOLなんかはめちゃ上がってますから。

この記事では、RoninのKatanaでAXSとWETHを使ってイールドファーミングを始める方法をまとめました。

AXIE関連に投資したい人の参考になればと思います。

なお、KatanaでイールドファーミングするにはRonin Walletが必要です。

Ronin Walletのインストール方法はこちらの記事で紹介していますので参考にしてください。

Ronin BridgeでRoninへAXSとETHを送金する

まずはじめに、ファーミングするための資金としてAXSとETHをRoninに送付します。

今回は、イーサリアムにおいていたETHをRoninの投資資金としたので、AXSとETHをRonin BridgeでイーサリアムからRoninへ送付する方を取りました。

ただ、イーサリアムからの送金になるのでガス代がめちゃ高いです。

一方、BinanceでAXSを入手して、直接Roninへ送金できるので、Binanceに資金がある方はそちらからの方がオススメ。

AXSはBinanceからRoninへ送付した方が格段にガス代が安いです。

(SLPもBinanceからRoninへ送金できます)

送付先のアドレスについては、「ronin」を「0X」に変更する必要があるので注意してくださいね。

送金は一度少額で行った方が無難です。

ここでは、実際に私が実施したRonin Bridgeで送金する手順を説明しますね。

ウォレットの順位ができたら、Ronin Bridgeにアクセスして、「Deposit」を選択します。

FromにEthereumNetowork、ToにRonin Networkを選んだ状態で、Ronin AddressをRonin Walletからコピペします。

ASSETに送付するAXSを選択して、AMOUNTに送付する数量を入力して「Next」をクリック。

内容を確認して「Confrim」をクリック。

MetaMaskで「確認」をクリック。

すぐに着金したことがRonin Walletで確認できました。

同様にしてETHもRoninへ送金しました。

ETHはRoninでWETHとして着金します。

アクシーのアカウントを作成する

次にRoninのKatanaでファーミングする際、現状ではガス代がかからないのですが(100回まで)、その権利を得ておくためには、アクシーにアカウントを作っておく必要があるみたいです。

Axieのアカウントは持っていなかったのでとりあえず作っておきました。

と言ってもRonin Walletをアクシーに接続して、名前を登録するだけです。

手順はまずアクシーにアクセスして、「Login」をクリック。

「Login with Ronin Wallet」をクリック。

Ronin Walletで「Confirm」をクリック。

名前を聞かれるうので、任意の名前を入力して「Save」をクリック。

KatanaでAXS-WETHの流動性を提供する

次にKatanaでAXSとWETHの流動性を提供する手順です。

Katanaのサイトに行ったら「Pool」を選択。

Add LiquidityでWETHとASX選んで、流動性を提供する数量を入力します。

片方の数量を入れたらもう片方の方が価格が同じになるよに自動で入力されます。

「Allow katana to use your WETH」の「Aprove」をクリック。

Ronin Walletで「Confirm」をクリック。

「Allow katana to use your AXS」の「Aprove」をクリック。

Ronin Walletで「Confirm」をクリック。

「Supply」をクリック。

続けて内容を最終確認して「Confirm Supply」をクリック。

Ronin Walletで「Confirm」をクリック。

Pool画面の下の方に付与されたLPトークンを確認することができます。

KatanaでLPトークンをStakeしてRONを稼ぐ

続いてLPトークンをStakeしてRONを稼ぐ手順です。

Farmの「AXS/WETH」の「Approve」をクリック。

Ronin Walletで「Confirm」をクリック。

続いて「Stake」をクリック。

MaxをクリックしてLPトークン全量を入れて、「Stake」をクリック。

Ronin Walletで「Confirm」をクリック。

これでLPトークンがStakeされました。

徐々にWRONがたまっていきます。

最後に

RoninのKatanaでAXSとWETHを使ってイールドファーミングを始める方法をまとめました。

AXSは加熱感があるのでこれから価格がどのように動くかは見い方が分かれますね。

ゲーム自体は人気を維持すると思うので、長期的に見ていこうと思います。

ブロックチェーンゲームはこれからも伸びることが予想されているので、人気のあるアクシー関連には注目していきたいと思います。

なお、Katanaでイールドファーミングする際の資金となるAXSやSLPは、Binanceから送ると手数料が安いです。

Binanceの口座は無料で作れるので、まだ持っていない人はこの機会に作ってみてくださいね。

無料でBinanceの口座を開設する

投資は自己責任で。

NFA

関連記事

オススメ記事

Pocket
LINEで送る

フォローする