【テストネット】Evmos TestnetでサクッとEvmosians NFTをもらいましょう




Pocket
LINEで送る

Evmos Testnetを触ってみた記録です。

やったのはEvmosのテストネットにMetaMaskを接続し、トークンをもらって、Evmosians NFTをもらうこと。

コストゼロで簡単にできるので、お触りした人の参考になればと思います。

まずEvmos Testnetに接続するために、ChainlistでMetaMaskにEvmosの設定を追加しましょう。

ChainlistでMetaMaskを接続して、Evmosを検索するとEvmos Testnetが出てくるので「Add to Metamask」をクリックして追加してください。

Evmosは二つ出てくるので、Testnetの方を選んでください。

MetaMaskが承認を求めてくるので「承認」をクリック。

続いて「ネットワークの切り替え」をクリック。

これでMetaMaskがEvoms Testnetに接続できました。

次にEvmos Faucetに接続して、NFTのミントに必要なガス代として使うトークンを受け取ります。

ウォレットアドレスを入力して、「Request funds with address」をクリック。

1日1回のリクエストで0.01Evmos(PHOTON)を受け取ることができます。

ちなみに、EVM Explorerでアドレスを確認すると0.01Evmosが入っていることがわかります。

これで準備完了です。

続いてサクッとEvmosians NFTをもらいましょう。

Evmosians NFTのサイトに接続したら、4つのNFTのミントボタンがあるので、それぞれクリックして実行します。

Evmosian NFT

Validator NFT

Builder NFT

Educator NFT

なかなか行けてるNFTです!

実際のNFTは動画になっているので、ぜひミントして見てみてくださいね。

なお、もらったNFTはメインネットが動き始めたら使い道が出てるくみたいなので、何かいいことあるかもしれないです。

投資は自己責任で。

NFA

Pocket
LINEで送る

フォローする