仮想通貨投資に役立つツイートまとめ(2022/08/11)




Pocket
LINEで送る

はじめに

仮想通貨に役立つツイートをまとめました。

この記事では、ここ最近のツイートを貼り付けたので、参考になればと思います。

ツイッターでは仮想通貨の近況や役立つ情報を発信していますので、フォローいただけると嬉しいです。

https://twitter.com/earl_grey_y

TweetDeckは情報収集に最適

仮想通貨の情報って多いですよね。

ツイッターで発信される情報多くて、追いかけるのが大変。

新しい情報が次から次へと出てきて、公式アプリでは追いきれない!って思っていませんか?

TweetDeckならタイムラインをカラムに分けて表示できるので、最新情報を得るのに最適です。

まだ使っていない人は使ってみてください!

完全無料で使えます。

DeFiでお金借りるならAAVE

DeFiはすっかり冬の時代ですが、投資効率を上げるためには大手のプラットフォームはしっかり使っておきたいところです。

安心してお金を借りるならAvalancheのAAVE。

V3は運用益+WAVAXの報酬が付与されますよ。

ウォレットに放置しているBTC、ETH 、ステーブルコインがあれば、AAVEを使って運用してみてくださいね。

AAVEで仮想通貨を運用する時に1つの選択肢として、ビットコインを担保にしてNFTを買うという手法があります。

NFTにも投資したい時に参考にしてください。

ちなみにAAVEを使うときは担保率に気を付けてくださいね。

急な暴落の時はHealth factorを高めにとってください。

Coreウォレットはビットコインも扱える

メタマスクに慣れてきたら、他のウォレットアプリも試すとクリプトの視野が広がりますよ。

Coreウォレットはイーサリアム、EVM互換以外にビットコインにも対応しています。

特にAVAXにビットコインを持ってきたい場合に便利です。

Rabbyで怪しいプロジェクトはリボーク

DeFiやっていると、高い利回りに目がくらんで怪しいプロジェクトで取引していませんか?

もしそのプロジェクトを詐欺師が運用していたら、取引した後に資金を持っていかれる可能性がありますよ。

少しでも怪しいと思ったら、そのプロジェクトをリボークしておきましょう。

リボークはプラットフォームに与えた権限を取り消す行為。

これやってないと、時間が経っても権限が取り消されず、勝手に資金を持っていかれる可能性があります。

Rabbyなら簡単にリボーク操作ができます。

とりあえずRabbyを入れておきましょう。

RenBridgeでチェーン間の送金が楽になりますよ

クリプトやっていると、チェーン間をまたぐ送金で苦労していませんか?

ブリッジのプラットフォーム探したりして苦労しているなら、Rangoが便利です。

Rangoなら一発で最適な経路を見つけてくれますよ。

FTX Japanにおておくだけでビットコインを運用できます

DeFiで資産を運用するのはまだちょっと怖いという場合は、FTXで運用がオススメです。

口座に仮想通貨を置いておくだだけで金利を受け取ることができますよ。

また、FTXは日本で唯一、ドル円取引ができる取引所です。

最後に

今後も仮想通貨の近況や役立つ情報を発信して行きますので、フォローいただけると嬉しいです。

https://twitter.com/earl_grey_y

ちなみに、最近はツイッターのアイコンをCNPJにしたり、ツイッターのヘッダーをCanvaで作成しました。

Canvaは無料で利用できるデザインツール。

無料テンプレート素材が多いのが特徴です。

ツイッターの他に、インスタやFacebook投稿にも使えるので、まだ使っていない人は試してみてくださいね。

登録もテンプレートも完全無料で利用できます。

無料でCanvaを利用する

それでは。

Pocket
LINEで送る

フォローする