【基本】紀州釣りの棚合わせは色々あるが、チヌを釣るためには使い分けができないと意味がない!


紀州釣りの棚の合わせ方はトントン、ハワセ(這わせ)、ソコキリ(底切り)など色々ありますが、使い分けしていますか?

複数の場所を何回も通っていると場所によって釣れやすい棚合わせがあることがわかっています。

ぴったりトントンで釣れる場所。

大ハワセじゃないと釣れない場所。

少しソコキリで誘うと釣れる場所。

トントン、ハワセ、ソコキリってなに?という方はネットで調べてくださいね。

図で丁寧に説明してくれているサイトが山ほどあります。

魚が釣れる条件は複数の要因が重なって整うので、特定の棚合わせじゃないと釣れないことはないんですが、釣果には確実に影響するというのが経験的にわかっています。

その場所で釣れやすい棚合わせを見つけるのはその場所に通うしかありません。

一方、各棚合わせにも慣れが必要です。

私の場合、ハワセに慣れるのにかなりの時間がかかりました。

紀州釣りを始めた頃は団子の崩壊タイミングがわかりやすいトントン、ソコキリをメインに使ってました。

団子の作り方が統一されていない場合や、硬さをコントロールできない頃は仕方ないんですが、ハワセを使わないとチヌが釣れない場所もあるので少しずつ修行を重ねてきました。

一般にハワセが必要となってくるのは流れが早い場所。

紀州釣りは団子に寄せてチヌを釣るので、団子崩壊後に刺し餌が早い潮に流されてしまうトントンやソコキリでは釣果が出ません。

その点、ハワセせると刺し餌が潮に流されるスピードを抑えられます。

ハワセる理由は他にもあるのですがそれはまた別の機会に。

一方、ハワセの欠点は団子の崩壊タイミングがわかりにくいのと、アタリから読み取る海の中がイメージしにくいとこだと思います。

団子の崩壊タイミングは団子の硬さをコントロールできるようになれば、ウキの動きから読み取らなくてもある程度把握できます。

一方、ハワセは必然的に団子当たりや前当たりがウキに出にくく、海の中をイメージしにくくなります。

イメージしにくいと言っても、ラインの動きを観察することで団子への当たり、刺し餌への反応は拾うことが可能ですが。

この反応の出にくさがもっとも難敵で、釣り人の集中力が切れがちになります。

ただ、反応が無いだけなのか、チヌがいないのか、釣り師の状況判断次第です。

チヌがいると確信していればハワセでも集中力は持続します。

そして、チヌがいると察知できるようになるとハワセの威力を実感できるようになります。

チヌがいると感じるシグナルは色々あるんですが、今回は棚合わせのお話なので、これもまた別の機会に。

トントンのいいところはウキへの反応が見やすい事です。

団子崩壊のタイミングもトントンだとわかりやすいですし、団子崩壊後の本アタリのウキの動きでエサ取りなのか、チヌなのか予想がつくようになってきます。

ソコキリに関しては、個人的に小物の数釣りに威力を発揮すると思っています。

だた、エサ取りが多いとチヌが食う前にエサ取りの餌食になってしまいますので、ソコキリの条件は限られていると思います。

あと、棚合わせと密接に関係しているのが刺し餌。

棚合わせだけを論じても何も意味がないんじゃないかと思うくらい刺し餌との関係は密接です。

私がよく使う刺し餌は釣行記に書いているようにだいたい3種類です。

関連記事

【淡路島】紀州釣り千本ノック!小チヌ祭りで紀州釣りの基本を体に叩き込め!
はじめに 先週に続き、淡路島の梅雨爆を求めて16日土曜日に団子を投げてきました。 予定ではこの週末は釣りに行く予定はなかったので...

棚のパターンが3つ、刺し餌のパターンが3つなら、試すことができるパターンは合計9パターン。

浮かせると釣れない刺し餌もあるので正確には9パターン以下ですが。

何れにしても棚合わせと刺し餌を組み合わせて、釣り場の状況を見ながら試すことになります。

沢山のパターンの中からベストな条件を探していく。

紀州釣りをやっていてよそ見したり、仮眠している暇がないのはこのためです。

棚合わせのパターンを把握するのは紀州釣りの基本。

それをどう使い分けるかが重要であり、それぞれの棚合わせを攻略して、状況によって使い分けることが釣果に結び付くんだと思います。

ブログランキングに参加しています。下のバナーをポチッとしていただけると嬉しいです!

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ 

直近の釣行記事はこちら。

【淡路島】紀州釣り千本ノック!小チヌ祭りで紀州釣りの基本を体に叩き込め!
はじめに 先週に続き、淡路島の梅雨爆を求めて16日土曜日に団子を投げてきました。 予定ではこの週末は釣りに行く予定はなかったので...

Facebookページの登録はこちら

淡路島を愛する紀州釣り師

ツイッターの登録はこちら

アールグレイ@淡路島紀州釣り

インスタグラムの登録はこちら

earlgrey_awajishima

淡路島のドローン空撮をアップしているYouTubeチャンネルはこちら

アールグレイ

紀州釣り師がコツコツ投資をしている理由はこちらの記事で紹介しています。

釣り人の資産運用はインデックスで分散投資というのが最適解
このブログをご覧になっている方で旧ブログも知っている方はご存知と思いますが、資産運用としてインデックス投資、長期分散投資をずっ...


スポンサーリンク

フォローする