【ポイント投資】SBIネオモバイル証券(ネオモバ)でTポイント投資を実行!(2019年7月8日)




Pocket
LINEで送る

はじめに

久しぶりにSBIネオモバイル証券Tポイント投資を実行しました!

今回は買い付けるETFを変えて投資しましたよ。

関連記事

【日本初】Tポイント投資ができる「SBIネオモバイル証券」の口座を開設しました!
はじめに Tポイントで投資ができる証券会社が出てきたので、 さっそく口座を開設すべく情報収集しました。 口座を開設したの...

Tポイント投資を実行

SBIネオモバイル証券のTポイント投資ではインデックス指標に連動する

ETFを購入することにしています。

今回の投資銘柄です。

  • 投資銘柄:NEXT FUNDS 外国株式・MSCI−KOKUSAI指数(為替ヘッジなし (2513)
  • 注文株数:1株
  • ポイント投資額:1,055 円

このETFは、MSCIコクサイに連動するETFです。

MSCIコクサイに連動する銘柄はインデックス投資を始めてから

ずっと購入していて、主に投資信託で保有しています。

前回のTポイント投資と同じ銘柄「MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信」を

今回も買いたかったのですが、Tポイントが思うようにたまらなかったので、

買い付け金額が低く抑えられる

NEXT FUNDS 外国株式・MSCI−KOKUSAI指数(為替ヘッジなし

を選びました。

関連記事

【日本初】Tポイント投資ができる「SBIネオモバイル証券」の口座を開設しました!
はじめに Tポイントで投資ができる証券会社が出てきたので、 さっそく口座を開設すべく情報収集しました。 口座を開設したの...

インデックス銘柄を選ぶときに重要なのがコストです。

今回のETFのの信託報酬は0.1836%

一方、前回購入したMAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信の信託報酬は0.15%

また、私が積立購入しているインデックス投資信託「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」の信託報酬は0.107892%

やはりコスト面で、目劣りしますね。。。

まとめ

インデックス投資としてはコストが高いETFへの投資はベストな選択ではないですが、

Tポイント投資できる銘柄の中ではベターな選択をしています。

ポイントで買い付けできるだけでもメリットは十分ありですね。

ただ、先日の記事の通り、

SBI証券がTポイントによる投資信託の購入ができるサービスを発表したので、

次回以降のTポイントのポイント投資は、

SBI証券でインデックス投資信託の購入に変更する予定です。

【SBI証券】Tポイントで投資信託の購入が可能に!せっかくなので休眠口座を復活させました!
SBI証券がTポイントで投資信託を買えるようになりますね。 すでにネオモバでは国内株式をTポイントで購入可能。 インデックス投...

投資信託ではなく、現物株やETFのポイント投資ならSBIネオモバイル証券です。

ポイント投資を簡単に始めるのにオススメです。

SBIネオモバイル証券で口座を開設する

ちなみに、ポイント投資はTポイント、楽天ポイントしかできませんが、

マネックス証券が発行しているマネックスポイントTポイントに移行できるので、

実質的に、マネックスポイントでもポイント投資ができることになります。

投資で得たマネックスポイントを、さらに投資にまわすことが可能になっていますよ。

関連記事

投資で貯めた「マネックスポイント」は「Tポイント」に交換するのがベストチョイス!
はじめに 不覚にも投資で貯めてきたマネックス証券のマネックスポイントを うっかり失効させてしまいました。 がーん。 それも2,122...
【資産運用】紀州釣り師が実践している6つの投資方法をまとめて紹介
はじめに 紀州釣りは生涯にわたって、その技を深めたい人生の一部になっています。 その紀州釣りを楽しむため、いかに費用と時間を捻...

Pocket
LINEで送る

フォローする