【ポイント投資】「SBIネオモバイル証券」でTポイント投資を実行!




Pocket
LINEで送る

はじめに

口座を開設したSBIネオモバイル証券で初めてTポイント投資を実行しました!

Tポイント投資とは、TSUTAYA、ファミリーマート、Yahoo! ショップなどで貯めた

Tポイントを使って、株やETFの購入をする投資のことです。

これまでのポイント投資は、楽天ポイントでしかできなかったんですが、

SBIネオモバイル証券がはじめたサービスによって、Tポイントで投資が可能になりました。

関連記事

【日本初】Tポイント投資ができる「SBIネオモバイル証券」の口座を開設しました!
はじめに Tポイントで投資ができる証券会社が出てきたので、 さっそく口座を開設すべく情報収集しました。 口座を開設したの...

Tポイント投資を実行

SBIネオモバイル証券でTポイントを行う上で問題なのが、投資できる銘柄が少ないこと。

インデックス投資家としては、信託報酬の低い投資信託を買いたいところですが、

SBIネオモバイル証券は投資信託を取り扱っていないので、

インデックス指標に連動するETFを購入することにしました。

  • 投資銘柄:MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信 (1550)
  • ポイント投資額:2,936円

このETFは、MSCIコクサイに連動するETFです。

MSCIコクサイに連動する銘柄はインデックス投資を始めてから

ずっと購入していて、主に投資信託で保有しています。

MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信の信託報酬は0.15%、

信託財産留保額は0.1%で、コストはインデックス投資信託よりは目劣りしますね。

インデックス投資としてはベストな選択ではないですが、

SBIネオモバイル証券が取り扱っている銘柄の中では

ベターな選択をしたつもりです。

ポイントで買い付けできるだけでもそのメリットは十分ありますね。

まとめ

楽天ポイントに続き、Tポイントでも投資ができるようになったのは大きいです。

ただ、Tポイント投資では投資信託は買えないのが残念なところ。

今後は取扱い銘柄の充実に期待したいです。

一方、ポイント投資で個別の株への投資も考えています。

というのも、S株(単元株以下)の1株から購入できるので、

成長株のソフトバンクグループなどを低予算で購入できるのが魅力です。

ちなみに、ポイント投資はTポイント、楽天ポイントしかできませんが、

マネックス証券が発行しているマネックスポイントはTポイントに移行できるので、

実質的に、マネックスポイントでもポイント投資ができることになります。

投資で得たマネックスポイントを、さらに投資にまわすことが可能になりました。

関連記事

投資で貯めた「マネックスポイント」は「Tポイント」に交換するのがベストチョイス!
はじめに 不覚にも投資で貯めてきたマネックス証券のマネックスポイントを うっかり失効させてしまいました。 がーん。 それも2,122...

SBIネオモバイル証券

投資する紀州釣り師です。

Pocket
LINEで送る

フォローする