PayPay銀行の口座を開設してカードレスVisaデビットカードを発行する方法




Pocket
LINEで送る

はじめに

この記事ではPayPay銀行の口座を開設して、カードレスVisaデビットカードを発行した記録です。

PayPay銀行は口座を作って、すぐに取引できるところが便利。

暗号資産取引所のFTX Japanの振り込み入金先はPayPay銀行なので、PayPay銀行の口座を持っていれば、無料で振込が可能になりますよ。

PayPay銀行の口座への入出金はコンビニのATMで可能で、スマホにアプリをインストールしておけば物理カードなしで入出金ができます。

なので、FTX Japanの口座を持っているなら、PayPay銀行の口座を開設しておかないと損ですね。

関連記事

あと、PayPay銀行の口座を作ると、カードレスVisaデビットカードが発行できます。

これは物理カードなしで使えるデビットカード。

PayPay銀行の口座を開設して、スマホアプリをインストールしたらすぐに発行して使えるようになるので、物理カードを待つことなく使えるところが便利です。

この記事では、PayPay銀行の口座を開設して、カードレスATM入金、カードレスVisaデビットカードの発行する方法をまとめました。

これからPayPay銀行の口座を持ちたいと考えている人の参考になればと思います。

PayPay銀行の口座を開設する

なお、PayPay銀行の口座開設に必要なものは3つです。

  • 身分証明ができるもの(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証)
  • スマホ
  • メールアドレス

あったら便利なものとしては、PCですね。

スマホでもできなくはないですが、画面が大きいPCで手続きした方がやりやすいです。

PayPay銀行の口座を開設する

まずはじめにPayPay銀行のサイトで「今すぐ口座開設を申し込む」から始めます。

メールアドレスを入力して「送信」をクリックします。

メールを送ったらすぐに着信するので確認してください。

メールの本文にある「お手続きはこちら」の下にあるリンクをクリックして口座開設の画面を表示します。

はじめに国籍を選んで「次へ」をクリック。

続いて本人確認の方法を選択します。

私の場合は免許証を使って本人確認をしたかったので、「本人確認資料撮影と自撮り」を選択しました。

(健康保険証も同じ流れです)

名前を漢字、カタカナ、ローマ字で入力して「次へ」をクリック。

性別と生年月日を入力して「次へ」をクリック。

続いて自宅住所、電話番号を入力して「次へ」をクリック。

職業を選んで、勤務先、勤務先の電話番号を入力して「次へ」をクリック。

職業は学生さん、主婦も選べます。

銀行口座の取引目的を選択して「次へ」をクリック。

暗証番号とログインパスワードを設定して「入力内容を確認する」をクリック。

暗証番号とログインパスワードは忘れないように何かにメモしておきましょう。

反社会的勢力への排除条項への同意文、その下の規約の確認をして「規約に同意して申し込む」をクリック。

続いて本人確認資料の撮影を始めます。

まず「撮影はこちら」をクリック。

QRコードが表示されるので、スマホのカメラで読み込みます。

ここからはスマホでの操作になります。

生年月日を入力して「手続きを行う」をタップ。

「運転免許証」をタップ。

撮影のステップが表示されるので「次へ」をタップ。

「撮影をはじめる」をタップ。

「次へ」をタップ

カメラの使用を「許可」します。

注意事項を読んで「次へ」をタップして表面の撮影を行います。

撮影が終わったら「次へ進む」をタップ。

続いて撮影の方法を確認して、表面を斜めからの撮影を行います。

撮影が終わったら「次へ進む」をタップ。

最後に裏面を撮影します。

撮影が終わったら「次へ進む」をタップ。

これで免許証の撮影が完了です。

続いて自撮りを行うために「撮影をはじめる」をタップ。

まず顔の「写真」の撮影を始めます。

撮影が終わったら「次へ進む」をタップ。

続いて顔の動画を撮影します。

動画が問題なく撮影できたら、口座開設の手続き完了です。

登録したメールアドレス宛に下のような内容確認中のメールが届来ます。

メール本文中の「口座開設状況の照会はこちら」のURLをクリックすると状況が確認できます。

トークンアプリのインストール

数時間すると手続き完了のメールがくるので、上の口座開設状況の照会サイトにアクセスして店番号、口座番号を確認します。

続いてスマホにトークンアプリのインストールを依頼されるので、QRコードをスマホのカメラで読み取って、アプリをインストールします。

トークンアプリは、PayPay銀行の取引の際に必要なワンタイムパスワードを発行するスマホアプリです。

アプリが立ち上がったら、同意にチェックを入れて「登録を行う」をタップ。

先ほど確認した店番号と口座番号を入力して「次へ」をタップ

続いてログインパスワードを入力して「次へ」をタップ。

これでトークンアプリの設定が完了です。

PayPay銀行アプリのインストール

続いてスマホにPayPay銀行のアプリをインストールします。

「次へ」を2回タップしてください。

続いて「ログイン」をタップ。

店番号、口座番号、ログインパスワード、同意にチェックを入れて「ログイン」をタップ。

続いて「ログインパターン」を登録します。

続いて生体認証によるログインを有効にするか聞かれるので、「はい」をタップ

(生体認証をログインに使用しない場合は「いいえ」にしてください)

これで無事に口座にログインすることができました。

ここまでで口座開設から1日で完了しまたよ。

カードレスVisaデビットを発行する

口座が開設で来たらVisaデビット付きのキャッシュカードが発行されます。

ただ、発行から手元へ到着するまでに時間がかかるので、PayPay銀行のスマホアプリで利用できるカードレスVisaデビットを発行しました。

カードレスVisaデビットならすぐに発行手続きが完了して、利用を開始できます。

やり方はまず、PayPay銀行のアプリを開いて「Visaデビット」をタップします。

はじめにすでに発行されている物理カードの情報が表示されるので右にスワイプします。

カードレスVisaデビットの発行画面が表示されるので「+」をタップ。

スマホにインストールしたトークンアプリからワンタイムパスワードをコピーして黄色の場所に貼り付けます。

これでカードの発行が完了しました。

めちゃ簡単ですねー。

カード番号、セキュリティーコードを使って利用できます。

カード情報はワンタイムパスワードを使っていつでもアプリのVisaデビットの画面から表示できます。

表示したカード情報でネット決済などに利用が可能です。

ちなみに、Visaデビットの利用で暗証番号の入力を求められた場合は、キャッシュカードの暗証番号を入力するみたいですね。

カードレスATMでPayPay銀行にお金を入金する

次にカードレスATMを使ってPayPay銀行にお金を入金する流れをまとめました。

カードレスATMはセブンイレブンとオーソンで利用可能です。

やり方はまず、PayPay銀行のスマホアプリから「カードレスATM」をタップ。

設定画面が表示されるので、「初期設定を行う」をタップ。

トークンアプリからワンタイムパスワードをコピペして、「次へ」をタップします。

これでか^ドレスATMの設定は完了です。

次に、コンビニのATMへ行って実際に入金を行います。

コンビニのATMの前まで行ったら、PayPay銀行のアプリを立ち上げて「カードレスATM」をタップして、この画面が表示されたら「次へ」をタップ。

コンビニATMで「スマートフォンでの取引」を選択します。

続いてQRコードが表示されるので、スマホのカメラで読み取ります。

企業番号が表示されるので、その番号をATMに入力します。

続いて入金金額を入れて、実際の現金をATMに入れたら完了です。

入金はすぐにPayPay銀行の口座に反映されるので、アプリで確認てください。

最後に

この記事ではPayPay銀行の口座を開設して、カードレスVisaデビットカードを発行する方法を紹介しました。

PayPay銀行なら暗号資産取引所のFTX Japanへの振込が無料でできるので便利ですよ。

また、カードレスVisaデビットカードを発行して、カードレスATMで口座に入金しておけば、すぐにネットなどで利用できます。

これからPayPay銀行の口座を開設する人の参考になればと思います。

口座開設がまだの人はこちらからどうぞ。

PayPay銀行の口座を開設する

関連記事

Pocket
LINEで送る

フォローする