【米国株】マネックス証券と楽天証券も最低取引手数料をゼロに。




Pocket
LINEで送る

予想通り、SBI証券に続いて、マネックス証券と楽天証券が米国株式の

最低取引手数料をゼロにしてきました。

小刻みに下げずに、やれるなら一気にゼロにすればいいのに。

投資へ関心を持ってもらうための話題作り?

投資家にとってはメリットは多少あるのでよかったです。

ただ、手数料については、

取引手数料「約定代金の0.45%」というのがずっと同じなので、

0.45%を今後どうしてくるかが注目ですね。

このままでいくのか、また競争するのか注目です。

Amazonをはじめとする有名企業の米国株式に

低コストで投資することができるようになるのは

外国株式投資家にとっては嬉しいことですね。

マネックス証券で外国株式を購入するまでの流れはざっくり以下になります。

  1. 総合取引口座開設
  2. 外国株式取引口座開設
  3. 資金振込
  4. 日本円をドルに振替
  5. 株式購入

まだ総合取引口座を持っていない人は、口座開設から始めてくださいね。

マネックス証券で口座開設

関連記事

【米国株】SBI証券は米国株式の最低手数料を最低5ドルから0ドルへ!
SBI証券さんがついに動きましたね。 2019年7月22日の約定分から米国株式の最低手数料を0米ドルに。 SBI証券:米国株式最低手数料...
Pocket
LINEで送る

フォローする