コインチェックが不正流出した仮想通貨を自己資金で返金へ!総額460億円

Pocket
LINEで送る

仮想通貨取引所コインチェックは不正アクセスされて巨額の仮想通貨ネムが流出した問題で、保有者に対して円で返還すると発表しました。対象となるのが26万人、総額は463億円、金額の大きさに驚きましたが、対象となった人の数も驚きです。そして、返金原資は自己資金というのにもびっくり。仮想通貨取引って儲かるんですねぇ。

関連記事

私はネムを保有していませんが、コインチェックに少なからず仮想通貨を置いています。今回の件が起こる前から取引所に仮想通貨を置いておくことは危ないと感じていて、仮想通貨をはじめた頃は自分のPCに保管していました。ただ、最近は業者もセキュリティーをかなり上げているのでそこまで気にする必要がないかなと思っていた矢先の出来事。起こるべくして起こった出来事かもしれませんね。

以前、私がPCで保管していた時に使用していたソフトは「Erectum」とうアプリです。PCを買い替えた時に仮想通貨を別に動かした後は引き継ぎをせず、その後に購入した仮想通貨は取引所に置いてしまっていました。最近はハードウェアウォレットとして USB接続の便利なものがあるようなので検討してみようと思います。

現在、コインチェックにおける取引が停止されていますが、私の資産は問題なく保管されています。取引規制されているので現時点で動かすことはできず、仮想通貨の保管も自己責任ということがわかりました。

一方で今回の件も仮想通貨自体の価値がなくなったという事ではなく、扱う側の問題である事が言えます。仮想通貨への理解や評価はこれからなので今回の件が落ち着けば、投資家は前向きに反応していくんではないでしょうか。

言わずもがな、全ての投資は自己責任です。

関連記事

アフタービットコインという考え方
昨年の後半から仮想通貨、特にビットコインがマスコミでも取り上げられて話題になっていますが、振り返ると私が毎月の投資以外の余裕資...

なぜ紀州釣り師が資産運用をしているか?こちらの記事に記載しております。

関連記事

紀州釣り師が実践している長期分散投資の目標
年の初めということもあり、釣り以外に私が実践している投資について原点的な記事を書いておこうと思い、旧ブログで掲載していた内容を...

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ 

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

フォローする