【仮想通貨】ビットコン積立はじめました!2019年6月16日




Pocket
LINEで送る

ビットコインが100万円を回復しましたね。

その後はまた少し下落していますが、

このタイミングでビットコインの積立投資をはじめました!

やっぱり仮想通貨には魅力があります。

新しい技術でもありますし、

今後は資産として一般的になるはずです。

私が仮想通貨へ投資し始めたのは、かなり前になります。

俣野成敏さんの

トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」」を

読んだのをきっかけにビットコインを購入しました。

過去のブログを振り返ると、2016年2月に初めてビットコインを購入しています。

当時は1BTCは42,225円で買っていますね。

1BTCが100万円する今から考えると、めちゃめちゃ安い価格です。

この時に本気で投資していれば億り人になってましたねぇ。

その後はビットコインを可能な限り追加購入したり、

イーサリアムなどのアルトコインに分散投資。

2018年初頭のバブルが弾ける直前にほとんどを利益確定して、

億り人には程遠かったですが、そこそこ収益をあげることができました。

その後は残しておいた一部でも利益が出ている状況です。

最近はバイナンスへ投資するなど、新しいアルトコインへも投資先を広げました。

【仮想通貨】注目のバイナンスコイン(BNB)を購入しました!
仮想通貨にまた注目が集まっていますね。 2017年から2018年の年明けにかけて仮想通貨が注目され、 その後の暴落からは下火になって...

そして、ビットコインが100万円に値を戻したこのタイミングで

新たにビットコインの毎月積立を開始することにしました。

仮想通貨の可能性についてはまだまだ大きいと判断しました。

弱小投資家なので積立金額は5,000円です。

毎月の投資という意味ではこれが限界。

期間は決めずに、将来の釣り三昧な生活のための運用とします。

買い付けに利用する業者は、GMOコインを選びました。

理由としては、

ビットコインを少額から買えること、

購入手数料がほとんどかからないこと(0.05%)、

入出金手数料が無料という好条件だからです。

GMOコインならビットコインを0.0001BTCから購入できます。

ざっくり1BTC=100万円なら、100円から購入可能です。

ちなみに、積立によるドルコスト法を利用して投資する場合、

円による定額の買い付けが適していますが、

GMOコインの場合、「販売所」で定額の買い付けを行うと、

手数料が20%も取られるので、積立による長期投資には向かないです。

一方の「取引所」での買い付けなら手数料が0.05%とかなり低いので、

毎回指値で購入することにしました。

ドルコスト法による定額(5,000円)の買い付けにはならないですが、

できるだけ5,000円になるように注文しようと思います。

今回の買い付けは、0.005BTCを4,924円で購入できましたよ。

なお、積立以外の仮想通貨はCoincheckとbitflyerを利用しましたが、

入金にコストがかかるので総合的にGMOコインで積みてたることにしました。

Coincheckの手数料を確認する

bitFlyerの手数料を確認する

また、毎日積立を少額でできるZaifの「Zaifコイン積立」も

魅力的なので検討したんですが、

5,000円の積立では手数料が3.5%と高くて断念しました。

また、現物取引だと手数料は無料なのですが、

入金手に486円以上、出金に350円以上も取られるので

Zaifは採用しませんでした。

Zaifの手数料を確認する

今後、積立投資の経過を定期的に報告していきたいと思います。

資産運用で、釣りざんまいなアーリーリタイアを目指す紀州釣り師です。

GMOコインで口座開設する

関連記事

【資産運用】紀州釣り師が実践している6つの投資方法をまとめて紹介
はじめに 紀州釣りは生涯にわたって、その技を深めたい人生の一部になっています。 その紀州釣りを楽しむため、いかに費用と時間を捻...

Pocket
LINEで送る

フォローする