【コツコツ投資】2020年7月分の投資銘柄と資産運用チェック!




Pocket
LINEで送る

はじめに

7月の遺産運用をまとめました。

コロナの影響で経済活動には影響が出ているはずですが、株や為替は戻ってきました。

ちなみに、コロナショックでマイナス価格まで落ち込んだ原油先物も値を戻していますね。

私が買い付けたのは決して底ではなかったですが、10%ほどの含み益が出ています。

短期的な投資で入った投資家が早々に撤退したのを見ていたので、なぜ待てないのか?と不思議で仕方ない。

私のような弱小投資家からすると、投資金額が多ければ大きく利益を出せたはずなのにもったいなぁって感じてました。

私はもう少し様子を見て売却する予定です。

運用資産のポートフォリオ

7月の投資銘柄と運用状況をチェックしました。

まずはじめは、運用資産全体のポートフォリオチェック。

大きな変化はなく、インデックス銘柄をベースにしつつ、仮想通貨とFX関連の割合を少しずつ増やしていて、日本株式は徐々に割合を減らしたいと考えています。

日本株を含むインデックス投信は確定拠出年金以外では買い付けを止めています。

インデックス投資

私の投資のメインはインデックス投資です。

7月のコツコツ投資によるインデックス投資銘柄は以下の通り。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
eMAXIS Slim 新興国株式インデックス

インデックス投資については、楽天証券の自動積立で月はじめに実行しています。

自動積立は5万円が上限なので、別に2万円分の追加投資を始めました。

そして、確定拠出年金の運用状況も確認。

コロナショックでもマイナスにならないのは長期運用のおかげですね。

いい動きをしてくれています。

投資はコツコツ続けて15年。

将来、余裕を持って釣り三昧の生活を過ごす計画で進めていて、

週末釣り人にとって、インデックス投資はもっとも向いている投資だと思います。

決まった銘柄を毎月機械的に買うだけなので、投資のための時間はほとんどゼロ。

週末は投資のためにストレスためることなく、釣りに集中できますよ。

将来の年金の受け取り年齢は引き上げられるし、受け取れるかどうかもあやしい。

自分で年金を作らないと、老後破産になるだけです。

かといってデイトレードみたいなプロ相手の投資は素人は負けるのがオチ。

素人が投資で資産を形成すには、市場経済の成長の恩恵を享受できるインデックス投資がベストな選択です。

ポイント投資

ポイント投資の総額は9,019円分でした。

投資した銘柄は、「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」と「ビットコイン」です。

貸株金利の再投資

貸株金利で再投資した銘柄も「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」になります。

貸株として運用しているのはほぼインデックス投信の「TOPIX連動型上場投資信託」です。

暗号資産(仮想通貨)の積立

ビットコインの通常の積立はこちらの通り。

近い将来、暗号資産はきっと今よりも決済手段として一般的になっていると考えています。

ビットコインがその中心になるかは不明ですが、暗号資産の価値が評価されればビットコインも上昇すると踏んでます。

その他、トラリピの運用成績は毎週更新しています。

オススメ記事

紀州釣りの釣行記一覧はこちらからどうぞ。

釣行記一覧

Pocket
LINEで送る

フォローする