備蓄用に購入できる日本初の乳児用液体ミルクが販売開始!




Pocket
LINEで送る

最近、日本のメーカーから乳児用の液体ミルクが販売されるニュースが続いていますね。

1つ目は江崎グリコが3月11日に販売開始した「アイクレオ赤ちゃんミルク」。

これは娘に使っている粉ミルクのブランドです。

海外では一般的な液体ミルクがなぜニュースになっていうかというと、

2018年8月の法律の改正で製造・販売できるようになったようです。

「アイクレオ赤ちゃんミルク」は防腐剤、保存料を使用しておらず、

無菌パック製法で、常温で賞味期限6ヶ月の長期保存が可能になっています。

容器は紙パックになっています。

使用方法は簡単。

  1. 赤ちゃんミルクと消毒した哺乳瓶を用意する
  2. ストローをストッパー部分が隠れるまで差し込み、手前に少し戻して穴をふさぐ
  3. ストローを曲げて液体ミルクを哺乳瓶に注ぐ
  4. 哺乳瓶に乳首を付ける

我が子のミルクを作るので実感してるんですが、

粉ミルクは哺乳瓶入れて、お湯に溶かしてから、

冷やすという面倒な操作があるので、

液体ミルクの簡便さは助かりますね。

2つ目は、明治が販売開始する「明治ほほえみ らくらくミルク」。

容器がスチール缶になっていて賞味期限が1年になっていることから

災害の備蓄用を意識していますね。

「明治ほほえみ らくらくミルク」も哺乳瓶に移し替えるだけで

すぐに飲むことができるので、利便性が高いです。

2019年3月下旬に一部施設に先行発売、

2019年4月下旬より全国で発売。

手にするのは4月以降になりそうです。

粉ミルクはお湯で溶かす必要があるので、

災害時に準備するのが問題になっていたようです。

液体ミルクならそのまま赤ちゃんに飲ませることができるので、

災害の備蓄用に持っておくことが良いようですね。

>>アイクレオ赤ちゃんミルク

関連記事

Pocket
LINEで送る

フォローする