釣った燻銀チヌを泳がすのはストリンガー!釣り人が知っておくべき使い方

Pocket
LINEで送る

はじめに

釣ったチヌを帰るまで生かしておくのにストリンガーとスカリ(ビク)、どちらを使用していますか?

私は両方を場所によって使い分けています。

ストリンガーやスカリはチヌを納竿まで生きたまま泳がせておける道具なのでぜひどちらも準備しておいたほうが良いです。

スカリは以前の記事で紹介した枠径45センチのものがオススメです。

容量が大きいので小チヌがバカ釣れしてもたくさん入れられます。

スカリ派ですか?ストリンガー派ですか?
私はスカリもストリンガーも使用します。 釣れた小チヌやキビレはスカリ(ビク)へポイポイ入れ、30センチ以上のおチヌ様は基本的にス...

一方、40センチ以上の燻銀チヌはスカリではなく、ストリンガーに引っ掛けて生かしています。

ストリンガーとは魚を引っ掛けるフックとロープ一式からできています。釣った魚を新鮮に保つために使用します。ストリンガーを魚の下顎に貫通させ、水中で泳がせておくことで、大きな魚でも新鮮な状態に保つことができます。

なぜ大きなチヌをスカリではなくストリンガーに引っ掛けておくのか?

それは、大きなチヌをスカリに入れるとスカリの内部で網に擦れることでチヌが弱るからです。

小さいチヌでは影響は少ないですが、大きなチヌをたくさん入れていくとその分、密集して網に擦れてしまいます。

そこで、大きなチヌを1匹ずつ自由に泳がせることができるストリンガーが優れいている事になります。

このストリンガー、ちょっとしたことで使いやすくなったり、釣った大切なチヌを逃したりしてしまいますので、知っておくべきストリンガーの使用方法を記事にしました。

フックを通す部位

ストリンガーのフックは下顎に貫通させるのが基本です。

エラに通してしまうと呼吸の妨げになって新鮮な状態が保てなくなるのでNG。

フックを通す時は下顎の外から口の中へ差し込むと入れやすです。

逆に口の中から入れようとすると、チヌに噛まれる恐れがあるので、くれぐれも口の中からではなく、外から入れるようにしてください。

ロック部分の形状

ストリンガーにはフックのロック部分にメーカーによって様々なタイプがあります。

大きく分けるとインナーロックスナップ式とバネ式です。

チヌをストリンガーにかける場合はインナーロックスナップではチヌが暴れた時に脱走してしまう確率が高いので、魚が暴れても外れにくいバネ式がベストです。

私の場合、初めはインナーロックスナップを使用していたんですが、その時はほぼ確実に1匹は脱走していました。

一方、バネ式でしっかりロックをしてからは脱走しなくなりました。

<インナーロックスナップ式>

<バネ式>

フックのロック方法

バネ式のロックの方法は説明書に記載されている場合もありますが、意外と知らない人もいます(私もその一人でした)。

具体的には、フック部分を単純にバネに引っ掛けるだけでは不十分で、バネ部分を回してロックする必要があります。

下の写真がロック状態です。

ストリンガーが着いたチヌ

フックのホームポジション

フックが複数付いていて、固定されているタイプのストリンガーは、チヌをフックに掛けるたびに全て引き上げないといけないのですが、何回も海から上げて下ろす操作は魚が弱る原因になります。

そこで、購入直後は1つのフックを残して全て取り外しておきます。

取り外したフックには別で購入したスナップを取り付ければ、釣ったチヌを1匹ずつロープに付けるという使い方が可能になり便利です。

この取り外したストリンガーと別売で購入したフックは10個くらい持っているのですが、釣り座のどこに置くか悩んだ時期がありました。

今のホームポジションは釣友の真似をしてバッカンのこの位置にふさ掛けにしています。

ストリンガー

この位置だとチヌを釣り上げてすぐに手に届く位置にあるので取り出す手間がほとんどかかりません。

まとめ

ストリンガーはスカリよりもチヌの自由度が高くなるので、大きなチヌを生かしておくには非常に有用なアイテムです。

ロック部分の形状をちゃんとした物を選んで、使用方法を間違わなければ大切なチヌに脱走されることはまずないので、大きいチヌを生かす場合に優れていますね。

上記の条件を満たす商品としてはベルモントのストリンガーとスナップ付きセットがオススメです。

友だち追加

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

フォローする