【釣行記】淡路島でチヌボーズくらいました!キビレ3匹




Pocket
LINEで送る

はじめに

淡路島で団子を投げてきました。

今回は、久しぶりに初心者さんに紀州釣りを教えてきましたよ。

会社の後輩がずっと前から紀州釣りをしたいと言っていたのでようやく一緒に行ってきました。

初めは本気なの?って感じていたんですが、どうやら本気で行きたいようだったので、一から覚えてもらいました。

関連記事

淡路島の紀州釣り

釣果のほうは散々。

午前中にキビレを3匹釣った後は、チヌどころかエサ取りの気配もなくなり、場所移動しました。

移動先はエサ取り地獄。

ボイルオキアミ、サナギも歯が立たず。

どうやら、カワハギが湧いていたようです。

ひたすら団子を投げ続けましたが、最後までチヌらしいアタリはなく、

後輩が夕マヅメに、良型のカワハギを釣って終了となりました。

まとめ

水温はそこそこ高そうでしたし、まだ海の濁りはあるのでもう少し淡路島のチヌを狙っていこうと思います。

ボーズが怖くてチヌ釣りできません!

  • 2019年11月9日(中潮)
  • キビレ:3匹

そうそう、フィッシングマックス さんが、PayPayにようやく対応しましたね。

待ってました!って感じです。

これで釣行費用もQRコード還元の恩恵を受けられます。

今回はYouTube用のネタらしいものは撮れずでした。

次回以降またチャレンジしたいと思います。

関連記事

これまでの紀州釣りの釣行記一覧はこちらからどうぞ。

釣行記一覧

紀州釣り団子レシピ

紀州釣り師の団子のレシピは様々ですが、

ベースは、ヌカ、サナギ、押し麦、砂。

集魚剤の種類、アミエビ の量は釣り人によって違いますね。

違いがあるのを把握した上で、なぜ違うのか?

集魚や固さと、釣果の関係を実感すると

雑誌や教科書には載っていない面白い世界が見えてきます。

私の団子の作り方はこちらで紹介しています。

関連記事

紀州釣りの刺しエサ

今回の刺しエサは、オキアミ、冷凍ボケ、サナギでした。

釣れる時間ごとのチヌのアタリエサは違うので、

常にローテーションすることを心がけています。

紀州釣りの刺しエサについてはこちらでまとめています。

関連記事

淡路島のエサ屋さんこちらで紹介しています。

淡路島の釣り情報や連日の釣りでのエサの補給、

あと、現地について忘れ物した!って時は参考にしてくださいね。

紀州釣り仕掛け

仕掛けはいつもの通りです。

  • 竿:チヌ競技スペシャル III 0.6号-5.0
  • リール:インパルト 競技LBD
  • ウキ:超ねうきTYPEII
  • 道糸:サスペンド2号
  • ハリス:クレハ シーガー グランドマックスFX 1.2号
  • 針:カットチヌ2号

紀州釣りのような長時間の釣りには軽くて使いやすい竿選びが重要。

個人的には、チヌ競技スペシャルIIIがオススメです。

オススメ記事

友だち追加

関連記事

Pocket
LINEで送る

フォローする