AxelarのSatelliteを使ってOsmosisのUSDCをAvalancheへ送金する方法(USDC→ axlUSDC→USDC.e)




Pocket
LINEで送る

はじめに

この記事では、AxelarのSatelliteを使ってOsmosisのUSDCをAvalancheへクロスチェーン送金する手順を紹介します。

Satelliteを使うきっかけとなったのは、USTとLUNAの崩壊。

OsmosisのUSTを別のステーブルコインにして、他のチェーンに送金するために試したのがAxelarのSatelliteです。

SatelliteだとOsmosisからUSDCを簡単に送金できるのが便利です。

この記事ではOsmosisでUSTをUSDCにスワップしたあと、Satelliteを使ってUSDCをAvalancheへ送金した流れを紹介します。

この記事ではAvalancheへの送金を紹介しましたが、他にEthereum、Polygon、Fantomなどへも送金可能です。

送金したUSDCはaxlUSDCとして着金するので、CurveでaxlUSDCをUSDC.eにスワップする手順も紹介しました。

なお、この記事ではOsmosisからの送金を紹介しましたが、もちろんAvalance、Ethereum、Polygon、FantomからもUSDCをOsmosisに送金可能です。

加えてETHも送れるみたいなので、今後のCosmos周りのDeFiが楽しみになってきそうな感じです。

OSMOSISにUSTをDepositしてUSDCにSwapする

この項目はTerraのUSTをUSDCにスワップする手順です。

OsmosisからUSDCを送金する方法だけを知りたい場合は不要なので、次の項目に進んでください。

TerraのUSTをUSDCにスワップするには、まずTerraのUSTをOSMOSISにデポジットしました。

準備としてはKeplrのTerraにUSTを送金しておきます。

着金したらOsmosisの「Assets」の「Terra – UST」の「Deposit」をクリック。

Depositする数量を入力して「Deposit」をクリック。

次に、「Trade」でUSTをUSDCにスワップします。

これでUSDCの準備ができました。

USDCは「Assets」の「Axelar – USDC」に表示されます。

OSMOSISからAvalancheへUSDCを送金する

ここからがOsmosisのUSDCをAvalancheへ送金する手順です。

送金にはAxelarのSatelliteを使います。

まず、「Assets」の「Axelar – USDC」の「Withdraw」をクリック。

Satelliteが立ち上がるので、ウォレット(KeplrとMetaMask)を接続します。

Source ChainにOsmosisのUSDCを、Destination ChainにAvalancheを選択して、一番下に送金先のウォレットアドレスをMetaMaskからコピペして、最後に「Initiate Transfer」をクリック。

下の表示で2まできたら「Keplr」ボタンをクリックします。

送金するUSDCの数量を入れて「Send」をクリック。

Keplrが確認を求めてくるので「Approve」をクリック。

これで送金手続き完了です。

Avalanche側の着金はSNOWTRACEの「ERC20 Token Txns」タブで確認できます。

送金したUSDCはAvalancheで「axlUSDC」として着金します。

トークン名をクリックするとコントラクトアドレスを確認できます。

CurveでaxlUSDCをUSDC.eにスワップする

Avalancheに着金したaxlUSDCは使い勝手が悪いので、USDC.eにスワップしておきました。

axlUSDCをUSDC.eにスワップできるのはCurveです。

やり方はまず、CurveのメニューでPoolsを選択して、「aslUSDC/USDC.e」をクリックします。

Fromでaxlusdcを選択して数量を入れ、Toでusdc.eを選択して、最後に「Sell」をクリック。

MetaMaskが確認を求めてくるので「確認」をクリック。

これでaxlUSDCをUSDC.eにスワップ完了です。

最後に

この記事ではAxelarのSatelliteを使ってOsmosisのUSDCをAvalancheへクロスチェーン送金する手順を紹介しました。

Satelliteを使えば、Avalanche以外にEthereum、Polygon、Fantomへも送金可能です。

Osmosisからブリッジ送金を行いたい際の参考になればと思います。

なお、今回はOsmosisからの送金を紹介しましたが、もちろんAvalance、Ethereum、Polygon、FantomからもUSDCをOsmosisに送金可能です。

また、ETHも送れるみたいなので、今後のCosmos周りが楽しみです。

あと、USTがデペグして、LUNAが崩壊してしまいました。

USTは避難できましたか?

私はAvalancheでファーミングに使っていたUSTを崩壊直前で避難させることができました。

が、少額のUSTをAnchorに残していたのをすっかり忘れていました。

気づいたのはUSTがデペグして随分経ってから。

USTを損切りして、USDCにする際にこの記事で書いた方法を取りました。

(損した金額はちょっと痛い)

OsmosisのステーブルコインはUSTで、他のチェーンに持っていくときに不便だなと思っていたんです。

Satelliteを使えば簡単にUSDCを送金できるので便利だと思います。

個人的にはBNB Chainにも対応してほしいところです。

今のところSatelliteはBNB Chainに対応していないので、Osmosis からBNB Chainに送るときは、一旦AvalancheやPolygonなどに送金した後にBNB Chainに送る形になりそうです。

Axelarのロードマップによると多くのチェーンをサポートしていくみたいなので、期待したいところです。

引用元:Axelarのロードマップ

関連記事

オススメ記事

Pocket
LINEで送る

フォローする