【DeFi】FantomのSpiritSwapでイールドファーミングを始める方法




Pocket
LINEで送る

はじめに

Fantomで仮想通貨の取引を始めたので、その基本的な手順をまとめました。

Fantomは2018年にICOが行われ、2021年から存在感を高めてきているブロックチェーンです。

Ethereumのスマートコントラクト開発ができるEVM互換性なので、様々なプラットフォームが移植され、流動性供給、ステーキング、Lend、トレードが可能です。

ネイティブトークンはFTM。

BSCのBNBといったところですね。

利用者にとっては手数料(ガス代)が安くて処理が早いというのが魅力的。

ガス代はBSCよりも安いです。

Fantomを利用するためにはFTMが必要で、別のチェーンから持ってくるか、BINANCEで購入して送金することになります。

しばらくBINANCEからの送金が制限されていましたが、先日解除になっています。

また、BSCからAnySwapを利用すると、BNBをFantomに送金して運用することができます。

この記事では、Fantomにウォレットを接続して、FTMを送金、イールドファーミングを始めて報酬のSPIRITを稼ぐ方法をまとめました。

Fantomでも取引を始めたい人の参考になればと思います。

FantomにMetaMaskを接続する方法

まずFantomで取引をするために、まずウォレットの準備をします。

FantomはMetaMaskが使えるので、ここではMetaMaskをFantomにつなげる方法を紹介します。

MetaMaskをまだ使ったことがない場合は、こちらの記事から設定してください。

MetaMaskでFantomに接続するには、ネットワークを手動で追加します。

やり方は、まずMetaMaskのネットワークの一番下の「カスタムRPC」を選択。

設定の項目で以下を記入して「保存」をクリックします。

  • ネットワーク名:Fantom Opera
  • RPC URL:https://rpcapi.fantom.network/
  • チェーンID:250
  • 通貨シンボル:FTM
  • ブロックエクスプローラのURL:https://ftmscan.com/

ネットワークに「Fantom Opera」として登録されます。

ちなみに、ChainlistからでもMetaMaskの設定を行えますが、私の場合はChainlistでの設定後にMetaMaskのネットワーク切替にFantomの表示が出てこなかったので、手動で追加しました。

BINANCEでFTMを購入して送金する

Fantomを使用するには、ガス代を払うためにFTMが必要になります。

FTMは国内取引所では入手できず、BINANCE(バイナンス)やFTXといった海外取引所で入手可能です。

またFTMネットワークで送金できるのは今の所、BINANCEだけだです(2021年5月18日時点)。

したがって、FantomでFTMを使えるよにするためには、国内取引所からビットコインなどの仮想通貨をBINANCEに送金して、BINANCEで仮想通貨をFTM、FTMネットワークに送金する流れになります。

BINANCEからFTMネットワークへの送金の方法は、まず出金画面で以下の設定を行います。

  • 通貨にFTMを選択
  • 送付先アドレスに先ほど設定したMetaMaskのアドレスを入力
  • ネットワークにFTMを選択(間違わないように!)
  • 出金額を入力

すべて設定できたら「出金」をクリック。

ポップアップの内容を確認して、「次へ」をクリック

二段階認証のメール認証コードとスマホ認証コードを入力して「提出」をクリック。

認証されて、この画面が出たら手続き完了です。

ちなみに、この時の送金から着金までは数分で完了しました。

着金はFantom Operaネットワークで確認できます。

ちなみにBINANCEからの送金の手数料0.01FTMはクロスチェーンで必要な手数料よりも安いです。

SpiritSwapでFTMをBNBに交換する

Fantomで取引する準備が整ったので、次は流動性を提供して、イールドファーミングを始めます。

今回はSpiritSwapでFTMとBNBの通貨ペアの流動性を行い、LPトークンをdepositしていールドファーミングする例を紹介します。

まず通貨ペアとなるBNBをはFTMを交換する手順です。

(BNBはBSCのAnySwapからも送金可能となっています)

SpritSwapのサイトでウォレットを接続するために右上にある「Connect」をクリックします。

次に「Metamask」を選択。

左側メニューの「Exchange」をクリック。

Fromに「FTM」を、Toに「BNB」を入れて、交換するFTMの数量を入力し、「Swap」をクリックます。

注意点としては、流動性を提供する際、FTMとBNBは同じ価値ずつ必要になります。

内容を確認して「Confirm Swap」をクリック。

MetaMaskが確認を求めてくるので、「確認」をクリック。

これで、FTMとBNBの準備ができました。

SpiritSwapで流動性を提供する

次に、FTMとBNBの流動性を提供する手順です。

「Liquidity」をクリック。

Inputに「FTM」と「BNB」を選択して数量を入力します。

一方の通貨の数量を入れると、もう片方の通貨の価値が同じになるように数量が自動的に入力されます。

「Approve BNB」をクリック(初めて利用する場合のみ)。

MetaMaskが確認を求めてくるので、「確認」をクリック。

「Supply」をクリック。

内容を確認して「Confirm Supply」をクリック。

MetaMaskが確認を求めてくるので、「確認」をクリック。

これで流動性提供が完了し、FTM/BNBトークン(LPトークン)が付与されました。

SpiritSwapでLPトークンをStakeする

次にLPトークンのStakeの方法です。

まず左メニューの「Farming」をクリック。

「BNB-FTM LP」の「Approve」をクリック。

MetaMaskが確認を求めてくるので、「確認」をクリック。

次に「Deposit」をクリック。

「Max」をクリックして全量を入力し、「Confirm」をクリック。

MetaMaskが確認を求めてくるので、「確認」をクリック。

これでファーミングが完了し、報酬として$SPIRITが増えていきますので、適切なタイミングで「Harvest」してください。

最後に

今回はSpiritSwapでイールドファーミングを始めて、SPIRITを稼ぐ方法を紹介しました。

他のプラットフォームも基本的な操作は同じなので、この記事を参考にして試してみてくださいね。

なお、BSCのAnySwapからBNBをFantomに送金できるようになっています。

ただし、FantomにFTMを入れておかないと、BSCからBNBを送っても何んもできずにGOXしてしまいますのでお気をつけを。

まずはFTXを自分のアドレスに送付してくださいね。

FTMはBINANCEで購入して送金できます。

BINANCEの口座を持っていない場合は、こちらからどうぞ。

→→BINANCEの口座を開設する(無料)

関連記事

オススメ記事

Pocket
LINEで送る

フォローする