【読書メモ】オリジン上、下(ダン・ブラウン)人工知能は紀州釣りをするのか?

Pocket
LINEで送る

久しぶりに小説を読みました。

書籍は「ダ・ヴィンチ・コード」からのファンであるダン・ブラウンの新刊「オリジン」。

ラングドンシリーズで、今回はスペインが舞台です。

「ダ・ヴィンチ・コード」は徹夜をして一気読み。

「オリジン」も面白くて、徹夜とはいきませんが、隙間時間で一気に読んでしまいました。

われわれはどこから来たのか。

われわれはどこへ行くのか。

人類の起源と人類の運命についての問い、科学と宗教の対立をベースに、AI、マートフォン、ウーバー、電気自動車、自動運転、量子コンピューター、シンギュラリティといった最近の科学やテクノロジーを取り入れたノンストップミステリー。

科学は人類の起源と人類の運命についての問いに答えを出すことができるのでしょうか。

人間の知性を超えたAIが出現した時、人間はどこへ行くのでしょうか。

テクノロジーが進んだ未来でも紀州釣りは人間が楽しむものであり続けてほしいものです。

友だち追加

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

フォローする