「1.01の法則」を紀州釣りに当てはめると、目の前の海が一年後には違って見えるはず




Pocket
LINEで送る

「1.01の法則」ってご存知ですか?

「1.01の法則」とは、この式から算出される結果を示しています。

現在の状態を「1」として、そのプラス1%(0.01)の努力を365日続けると、

元の状態の37.8倍になることを示しています。

毎日1%でも努力し続ければ、一年後には37.8倍!

すごくないですか?

逆に、1%サボるとどうなるか?

数式はこうなります。

元の状態の0.03倍に激減してしまいます。

「1.01の法則」は、現状よりも少しだけ(1%)努力し続けることで未来が変わる。

一方、現状に甘んじて、サボり続けると、思った以上に状況は悪くなることを示しています。

「1.01の法則」を紀州釣りに当てはめると、どうなるのか?

いつもの釣行で、前回と何か1つでも違うこと、1%でも改善を試みると、

確実に技術は向上する、はず。

今と一年後では、団子を投げる目の前の海の景色が違って見えているはずです。

逆に、これまでと同じ釣り方で、漫然と釣りをしていると、

何も変わらないどころか、逆に状況が悪くなるということです。

目の前の海は、一年前と違って見えていますか?

関連記事

オススメ記事

これまでの紀州釣りの釣行記一覧はこちらからどうぞ。

釣行記一覧

Pocket
LINEで送る

フォローする