日本男子よ!風疹の抗体検査をしよう!




Pocket
LINEで送る

風疹の流行が勢いを増していますね。

風疹の流行がなぜ問題かというと、胎児に影響があるからなんですね。

妊婦、妊娠20週頃まで(とくに、妊娠初期)の女性が風疹にかかると、胎児が風疹ウイルスに感染し、難聴、心疾患、白内障、そして精神や身体の発達の遅れ等の障がいをもった赤ちゃんがうまれる可能性があります。

引用:国立感染症研究所

実は、私は9月に風疹の抗体検査を受けてきました。

それも、自腹で。

その結果がこちら。

測定値は19.2で、基準値2.0以上あり、抗体があるという判定でした。

お医者さんは数値の詳しい説明をしてくれなかったのですが、

調べてみると、日本環境感染学会が出している

「医療関係者のためのワクチンガイドライン 第2版」に

詳しい基準の説明があります。

引用:医療関係者のためのワクチンガイドライン 第2版

私が受けた検査方法は、検査報告書に記載がある「EIA法」です。

ガイドラインの表によると、「EIA法」で基準を満たすには、8.0以上が必要のようです。

私は、19.2なので、十分な抗体ありとなりました。

そもそも、なぜ9月に風疹の抗体検査に行ったのか?

その頃から風疹はニュースで騒がれていたんですが、実は実感はなかったです。

きっかけは、家に妊婦さんができたから。

そう、お嫁さんが、妊娠したのをきっかけに、

抗体検査を受けてきました。

で、さっきも書きましたが、抗体検査は自腹です。

自治体のホームページに妊婦の配偶者は無料で検査してくれるって書いてあったので、

母子手帳を持って、最寄りの病院に検査を受けに行くと、

「妊婦が風疹の抗体を持っていると、検査費用が自腹になる」って。

お嫁さんは、産婦人科の検査で風疹の抗体あり。

なので、私は自腹。

病院の受付の人が、気にかけてくれて、「自腹になりますが受けますか」って?

もちろん受けます!

私が風疹の抗体を持たず、感染して、知らず知らずのうちに、

家の外で妊婦さんにうつしてしまったら大変。

今から世に生まれてくる全ての赤ちゃんのためです。

そんな思いで、身銭を切って抗体検査をしました。

結果は、抗体あり。

よかったです。

30~50歳代男性は、抗体を持っていない可能性が高いようです。

大阪府は12月に無料で抗体検査を実施してくれるので、

抗体検査がまだの方は、この機会にぜひ!

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

フォローする