淡路島でイカナゴの親「フルセ」を食べたくなりました


初めて知ったのですが、「フルセ」は淡路島播磨沿岸の方言で、イカナゴの2年仔のことをさすようですね。1年仔または幼魚はシンコ(新子)といって有名です。

このフルセ漁が終わったようなのですが不漁だったみたいです。

シンコを保護するための制限付きのフルセ漁であったのことで、今年のシンコが沢山とれるといいですね。

明石浦漁協組合さんの説明を読むと、フルセ、一度食べてみたくなりました。

地元ならではの極めて鮮度の高いフルセの食べ方は刺身。他の魚にないたっぷりの脂が魅力です。その他、酢ジメ、焼き、唐揚げと何でも美味しい。フルセのくぎ煮もイカナゴ本来の味がしっかり残り、新子のそれとは違った味わいが楽しめます。

にほんブログ村テーマ 淡路島へ
淡路島

このブログはランキングに登録しております。ご訪問の記念に下のバナーをポチッと押していただければ嬉しいです。

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ 

チヌ釣り、紀州釣りのブログ情報はこちらからどうぞ。参考にさせていただいております。

釣りブログ チヌ・黒鯛釣り


スポンサーリンク

フォローする