Uber Eatsで初めて配達を依頼したのはモスバーガーのマンハッタンクラムチリ ロースカツセット




Pocket
LINEで送る

Uber Eatsで初めて配達を頼んでみたので記録として残しておこうと思います。

というのも、お嫁さんと娘が里帰りしているので、お試しに使ってみるのにいいタイミングだったんです。

結論としては、簡単に好きな食べ物を短時間に取り寄せて食べることができるオススメなサービスです。

Uber Eatsはスマホのアプリで最寄りのレストランやファーストフードから料理を配達してもらう仕組みで、配達はUber Eatsに登録している配達パートナーさんが行います。

これまで配達に対応していなかったお店もUber Eatsを利用して配達してくれるようになっているので、地元のお気に入りのお店があったら、一度確認してみてくださいね。

ファーストフードであればだいたい対応してきていますよ。

対象地域も都市部であればほぼ対応しています。

私が今回注文したのはモスバーガーの期間限定商品「モスバーガーのマンハッタンクラムチリ ロースカツセット」です。

手順は、配達をお願いするお店のメニューで料理を選んで注文。

モスバーガーは期間限定商品、セットメニューやサイドメニューが一通り揃っていました。

電話で面倒なやり取りをすることなく完了できるのがいいですね。

配達パートナーさんにチップを渡すシステムもあります。

外国では一般的ですが、日本にチップの習慣がないので少し違和感ありますが、配達員さんの地位向上には良いシステムだと思いました。

チップは払わなくてもいいのですが、今後もお世話になる可能性があるので5%を設定しました。

支払いはクレジットカード、PayPay、Line Payが対応しています。

スマホで支払いが終わるので、配達員さんに現金を渡すことなく完了です。

注文完了後はリアルタイムで料理の配達状況が確認できます。

注文から配達完了までの所要時間は15分でした。めちゃ早い。

配達パートナーさんが玄関まで来てくれて受け渡し完了。

商品を受け取る以外は何もしませんでした。

商品を直接受け取らず、玄関前に置くという設定も注文時にできるので、コロナで人との接触を避けたい人には便利な機能だと思います。

そして配達された商品がこちら。

マンハッタンクラムチリ ロースカツは朝のテレビで宣伝されていたので気になっていたんです。

ピリ辛でまずまずの美味しさでしたよ。

お気に入りのナゲットも追加してお腹いっぱいに。

これが今回の配達の領収書です。

商品1,510円に加えて、サービス料、配達手数料、チップが加わっています。

初めての利用で1,500円クーポンをゲットしていたので、差し引き402円の支払いでした。

サービス料と配達手数料を支払ってでも自宅で食事をしたい時にはかなり便利なサービスという印象を持ちました。

お店に行って食事をする時に待っている間の時間を考えると、家で待っている方が気楽ですね。

小さい娘がいると、お店に行くことをためらうこともしばしばあるので、気になるお店はUber Eatsで試して行きたいと思います。

ちなみに、Uber Eatsは友達紹介用のクーポンが発行されます。

個別に割り当てられるクーポン番号で、1,500円以上の注文をすると、紹介した側と紹介された側それぞれに1,200円分の割引クーポンが付与される仕組みです。

1,500円の料理だと、300円で注文できます。

友人や家族に紹介すると割引クーポンをゲットできますので、ぜひ利用してみてくださいね。

もし近くにUber Eatsを利用している人がいなくて、紹介を受けられない場合は、私のクーポンコード「eats-106zb7」を利用して注文してみてください。

Uber Eats公式ページ

オススメ記事

私が紀州釣りで使用してる釣り道具や釣り餌は楽天ROOMでまとめて紹介しています。

お買い物マラソンの参考にしてくださいね。

私の楽天ROOMはこちら

紀州釣りの釣行記一覧はこちらからどうぞ。

釣行記一覧

Pocket
LINEで送る

フォローする